森木製菓

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

渋谷でカウントダウンを多分した話

あけましておめでとうございます!
案の定正月太りをした森木です。


ある日突然、森木母が「渋谷でカウントダウンをしたい」と言い出したので、31日は渋谷にいました。
渋谷にいたというか、ちゃっかりホテルもとってありました。

渋谷は私の庭なのですが、渋谷のカウントダウンなんてたかが知れているし、絶対にこわいから行きたくなかったんです。
けれど、なんだかんだで良い思い出にもなるかもしれないと半ば楽しみにもしていました。


そしてガキ使を見ながら1時間おきにスクランブル交差点をチェックしていたのですが、

f:id:morikicompany:20160103143045j:plain

f:id:morikicompany:20160103143047j:plain

全然人がいないんです。


だけど外からは警察官の声がガンガン聞こえてきたので、カウントダウンの5分前くらいに外に出てみたら

f:id:morikicompany:20160103143049j:plain

こんな感じでした。


スクランブル交差点は規制がかかっていたものの、駅までの道だけは柵つきで解放されていたので、そこに人が集まっていたんです。

そんな状況になることを予期してか、ビルに埋め込まれている大型スクリーンに"カウントダウンや新年を祝うイベントはありません”と表示されていたのですが、なんかこういうイベント自体がそもそもないと思わせてしまうような説明不足な文章でなんかなぁと思いました。

f:id:morikicompany:20160103143044j:plain

思いながら、ホテルに泊まっている特権で柵の外(警察官側)にいられた私は、狭い空間でウェイウェイしているパリピたちを撮影していたのですが、ふと時計を見たら0時を過ぎていたんです。

もっとこう「3! 2! 1! あけましておめでとー! ウェーイ!!!」みたいなのを想像していたのに、終始「ウェーイ!!!」と言っているだけだったあげく、突然柵を押し倒そうとしたりし始めたので、あのスクリーンに書いてあることは本当だったんだと思ったのでした。
でも渋谷っぽいですよね。


その後森木母が「一蘭に行きたい」と言い出したのですが、規制されているせいであまりにもたどり着けそうになかったために、2時過ぎまで部屋で待機をしていました。
それでちょっと並んでから食べたラーメンは最高に美味しかったです。(ライスもつけたかったけど我慢しました)

f:id:morikicompany:20160103155353j:plain


今年も森木製菓をよろしくお願いします。
以上!