森木製菓

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

今ちょっとTwitterに感動している

雑記

こんばんは!
鳥貴族が大好きな森木です。


飲み会の時に友達が"大学生になったらやってみたいと思っていたこと(何気ないこと)"について話していたので、それを聞いてから(高校生の私は何をやりたいと思っていたのだろう…)となんとなく考えていました。
けれど、もう4年経ってしまったせいかなかなか思い出せないので、高校時代のツイートで検索をかけてみたのです。

ちなみにTwitterは確か3000ツイートくらいしかさかのぼれませんが、twilogというサイトに登録すると(登録後の)ツイートを全部振り返ることが出来ます。



まずは恋愛(?)関連。


f:id:morikicompany:20160419231626j:plain


JKのときの私は中肉中背でちょっと疲れ気味のアラフォーサラリーマンが大好きだったので、(この人素敵!)って思ってもだいたいの人が左手の薬指に指輪をしていたのです。
以来、ちょっと気になる人ができるとすぐに薬指を確認するか、あるいは休日の過ごし方を聞くというなんともベタな手法で既婚者か否かを確認していました。
分かったところで何をどうする訳でもなかったのですが、そんな女子高生時代を過ごしていたので、年齢は特に気にしていない今はなんかちょっとだけ楽な気がします。
でも指輪をしていない上にいかにも1人で行動をしている感じの人が妻子持ちだったみたいなこともあったので、既婚者とあと彼女持ちの人はもれなく指輪をして欲しいです。


次はバイト。


f:id:morikicompany:20160419231616j:plain


今もそうなのですが、私は動物が大好きなのでバイトをするなら絶対にペットショップと決めていました。
けど去年まで単発バイトで必要最低限稼ぐという生活を送っていたので、どうなるか分からないです。
あんまり良くないって裏事情的な何かですかね?

ちなみに今のバイトが始めて6ヶ月と最長記録を更新しているのですが、この前面接で「一番長く続いたバイトってどのくらいですか?」と聞かれたときにこのことを話したところ「それが一番長いんですか!w」と言われてしまいました。
「私は3か月続けば良い方な人間なんです!!! やっぱり会社にいられる自信がないので落としてください!!!」と言いたい自分を殴り殺し、煽り耐性チェックをされているんだと言い聞かせて、そうなんですよ~とニコニコしていました。
でもちょっとつまらなかったなと後悔しています。


あとこれが唯一実現できたものです。


f:id:morikicompany:20160419231617j:plain


高校時代に映像部に所属していて、そのときから(自分でも作ってみたいなぁ)となんとなく思っていたのですが、大学で自主制作映画サークルに入って、気が付いたら監督をしていました。
最近気付いたのだけど、「○○やりたい」って言ってるうちは大抵実現しなくて、本当に何かになれたときって自分がやりたいことをやった結果それになっていたっていうことが多い気がします。
サークルに入ったときは確か音声志望で、監督になったのも自分の妄想を脚本にして友達にお願いして、いや監督はなりたくてなったかもしれない。(どっちなの)
監督だと難しいので、私の中の彼氏論で説明すると、この世には形としての彼氏結果としての彼氏の2種類がいると思うのです。
前者は(あー誰でもいいから彼氏になってくれないかなぁ)と思っていた時にたまたま告白してくれた人と付き合ったパターンで、後者は(あの人が好き! もっと一緒にいたい! 色んなとこに出かけたい! 特別な存在になりたい!)と色々考えた結果当てはまる形態が彼女(彼氏)だったというものです。
っていう感じなのですが、これを以前後輩に話した時に「そんなことを考えているから恋人ができないんですよ」と言われてしまい、何も言い返せませんでした。



あとは『お酒を飲みすぎて自己管理できない人たちは本当に苦手だから、うまくやっていける自信がない』的なツイートをしていたんですけど、


f:id:morikicompany:20160419231615j:plain


f:id:morikicompany:20160419231625j:plain


f:id:morikicompany:20160419231627j:plain


f:id:morikicompany:20160419231628j:plain


今となってはこんな感じだし、酔っ払うと面倒くさくなって迷惑をかけまくりなので、高校時代の自分が今の自分を見たら失望して成長してくれなくなるかもしれません。




こうやって振り返ってみると、確かにこんなこと考えてたなぁ…と思うし、実際の大学生は想像していたものとだいぶ違うような気がします。
でも楽しいので残り1年、高校時代の自分じゃ思いつかなかった大学生っぽいことも色々やっていきたいです。

というか、Twitterめちゃくちゃ便利と言うか、当時考えてたことを思い出せるのでちょっと良いですね。


以上!