森木製菓

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

渋谷でハロウィンナイトしてきたので正直に思ったことを書きます【2016】

日記

こんにちは!
朝食が明太子ご飯だとテンションが上がる森木です。


昨日29日、あのパリピ集合地区の渋谷で行われているハロウィン騒ぎに参加してきました!


www3.nhk.or.jp



去年までは(なにやってんだこの人たち)と思いながら家でニュースを見ている側だったのですが、以前HUBで仲良くなったお姉さんに誘われたので今年は思い切って行ってみることにしました。


集合したのは夜21時頃で、この時点ではもうすでにパーティーモード。



f:id:morikicompany:20161030114419j:plain


f:id:morikicompany:20161030114430j:plain


f:id:morikicompany:20161030114441j:plain



ちなみにこの日(29日)は10時台と13時台と17時台と19時台と20時台以降と、計5回渋谷で道を歩いたのですが17時台あたりから駅前にチラホラ仮装している人がいました。

集まり始めたのは20時過ぎくらいからですかね。

ちなみに皆どこで仮装してきてるんだろう?と思ったのですが、家からしてくる勇者タイプの人もいたし、あとは漫喫とかカラオケが「着替え可能!」と宣伝していたので、多分そういうとこで変身しているんだと思います。


あとは、見ていて多いなぁと思ったコスプレがルイージとかマリオ、ピカチュウ、SWAT、スパイダーマンでした。

個人的にツボだったのが、外国人がしていたコンビニで売っているオニギリの仮装です。

ちゃんとパッケージの剥き方の記載までしてあってちょっと感動しました。



森木製菓恒例の前置きの長さを発動してしまいましたが、ここから渋谷でハロウィンナイトをしてきて感じた良い面と悪い面を書いていきます。


最初に、参加して思ったことなんですけど、めちゃくちゃ楽しいです。(家モリキどうした)

私は首から上しかハロウィンっぽくしなかったんですけど、全身コスプレしたらもっと楽しいと思います。

というのも一緒に行った人ががっつり仮装をしていて、何人かに写真撮りましょうよ!と言われていたからです。

それを見ていて(私も撮影求められてえ~)と思いました。

誰でも人気者になれるし人の思い出に残れる、それが渋谷のハロウィンナイトです。


あと、やっぱり仮装していると絡みやすいしテンションも上がっているのか、人が交流しまくっていて良いなぁと思いました。

写真撮影も一種のコミュニケーションですが、そういう場で話したことのない人と盛り上がれるのって良いですよね。

やっぱり人間だからなんだかんだで他人と関わりを持ちたくて、仮装はそれを後押ししてくれてるんだと思いました。


後は純粋にみんな楽しそう。

みんな楽しそうだからこっちも楽しいっていう単純構造です。



それで、これはどうなんだろうなぁと思ったのはやっぱりゴミが多い。

歩いていてあら意外と思ったのは、『居酒屋空いています』という看板を持っている店員さんがいっぱいいたことです。

でもよく考えたら意外でもなんでもなくて、渋谷にいる人たちが何を求めて来ているのかっていったら路上でウエーイ!ってやりたいからじゃないですか。

だからわざわざ居酒屋に入ってそれなりのお金をだしてグループ単位で飲むよりは、コンビニで缶を買って歩きながら飲んで、すれ違う人と乾杯をする方が安上がりだし、圧倒的に彼らを満たしてくれます。

なのでコンビニの前は空き缶だらけでした。

(私の庭が汚れていく…)と思いながら見ていました。拾う力もなく。

だけど、「俺たちゴミ回収集団でーす!」みたいなお兄さんたちがいたのがなんとなく救いでした。

ドンキ前も凄かったですけど、店員さんがでっかいポリ袋を持って拾い集めていました。


そして、これはハロウィンに限らずイベントごとで毎回出現するんですけど、”酒の一気飲み”しか盛り上がりの手段を知らない集団もいました。

アルコール度数が高いお酒を1人ずつ飲むみたいなのを路上でやっていて、まぁ迷惑をかけなければまだマシなんですけど、見ていて良いものではなかったです。

目が合ったら、盛り上げて!みたいなジェスチャーをしてきたんですけど、(盛り上げるほどの興味はないわ!)と思いました。

そのまま誰かの家に帰って欲しいですね。自分がお酒大好きなのを棚に上げて書いてますけど。



そんな感じでした。

本当にありきたりなことを書くようですが、「ゴミを捨てる」とか「無理に酒を飲まない」という基本的なマナーさえ守ってくれれば良いイベントになるんじゃないかなぁと思いました。

良い人も沢山いたし。

よくこういう騒ぎを見て、ハロウィンはコスプレイベントじゃない!と言う人もいて、それも凄く分かるんです。

けど、渋谷とかの繁華街は結局寂しがり屋の集まる場所だと思っているので、こうなってしまったのは仕方がないんじゃないかなぁとも思います。

純粋にイベントごとが好きな人もいるかもしれませんが。

外国人も多かったので、今や名物の1つになっているのかもしれませんね。

一緒に行った人がアメリカの大学に行っていた人だったので「向こうのハロウィンはどんな感じだったんですか?」と聞いたら、「子供しかいなかったよ。大人はクラブに行っていた」と言っていたので、日本の大人が盛り上がれるハロウィンはある意味レアな気がします。

そしてLOFTがハロウィンコーナーを設けていて、衣装の試着室まで用意していたので良いビジネスしてる!と思いました。



長々と書きましたが、結論として思ったのは来年はちゃんと仮装をして参加したいということです。

なぜならやっぱり「写真撮ってください!」って言われたいからです。

何が良いですかね、サメとかかな。

でもどうせなら森木製菓の宣伝もしたいので、はてなブログの仮装も良いかもしれません。

はてなブログの仮装ってなんだ。



ということで、これからハロウィンナイトする人は自分だけでなく周りも楽しめることを心がけて盛り上がってください!


以上!



TRICK OR CLICK


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村