森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

新卒で半年間勤務していた会社を辞めました

こんばんは!
ハムスターが可愛くて仕方ない森木です。


突然ですが、半年間勤めていた会社を9月いっぱいで辞めました。


f:id:morikicompany:20171003090926p:plain


世間からしたら半年というのはかなり短いのかもしれませんが、4月13日の記事に「意外と続いて驚いている」と書いていた私からしたら結構頑張った方でした。


会社を辞めることにした理由


理由は色々あって、でもやっぱり一番は文章が書きたかったからです。

最初はまじで営業なんて向いていないと思っていたし、それに関してはブログで散々書いていましたが、あの後なんだかんだで新卒上位になったんですね。出来る子なので。


f:id:morikicompany:20171003102418p:plain


それで6月7月は営業楽しい!!って感じだったんですけど、先月辺りから急に落ち込み始めてしまいました。

理由は明確で、文章を書く頻度が減ってしまったからです。

個人向けの営業ということもあり、勤務時間がそれなりに長かったのと、あとは情報の変化があまりにも激しいので、出勤日は愚か休みの日もだらーっとして終わってしまうという日々を過ごしていました。

学生時代の取り柄であったフットワークの軽さもどこへやら、仕事としか向き合っていないのでネタも全然思い浮かびません。

そんなこんなでブログも書けず、iPhoneにはこの世の闇の塊のようなメモが残されていました。

それで、そういうのは嫌なので仕事を辞めることにしました。

それでも1度始めたことなんだから頑張れよ!という考え方もあるのかもしれませんが、私の場合はもともとやりたいことが明確だったし、あとはつらいと言いたい病になりたくなかったのです。


あとはやっぱり何か1つのことに集中するのが難しかったのもあります。

彼氏がいないのもそういう理由で、作ろうとしていないだけなんですよ。

"恋人"っていう関係になると、何かその人だけを優先的に考えなきゃいけないみたいになるじゃないですか。

それが面倒なだけであって、別にモテないからとかじゃないんです。

モテたことはないけどモテないからとかじゃないんです。(分かったよ)



ではなぜ組織に属したのか


最初から分かっていたのに、一旦組織に属して営業という仕事をしたのには以下の理由があります。


・本当に向いていないかを確かめる
・まだ自分1人でやれる自信がない
・社会を知っておきたい
・何かあったときのためのお金が欲しい
・今書いている脚本の「会社が嫌になる」というシーンを完成させたい
(2017/04/02のnoteより)


それでこれに関しては、半分くらいは達成できました。

本当に向いていないのは分かったし、でもまだ1人でやれる自信はないし、社会も少しだけど知れたし、お金はお酒に使ってしまったので貯金まだまだです。

あとは脚本も書くことが出来ました。


f:id:morikicompany:20171003094225p:plain


これはそれぞれの夢を追う菅田将暉くんと優子という女の子の、恋人でもなければ友人でもない2人の日常を描いた物語です。

最初はヒロインを私の名前にしていたのですが、友達から「マジでキモいからやめた方が良い」というごもっともなご指摘をいただいたので変えました。

もう20ページを越えたし、この脚本は"菅田将暉くんと暮らしたい"という私の欲求が満たされない限り永遠に更新され続けます。(こわい)


また名物の話そらしを披露してしまいましたが、理由は上記の5つでした。


会社を辞めた今


f:id:morikicompany:20171003102724p:plain


9月30日までは仕事をして、昨日から新しいところで働かせていただいています。

ただ複数個所で働きたい!という願望は正社員では叶えられないので、派遣とかバイトとか個人事業とかそういう形になっています。

それで今回は"生活費を稼ぐこと"と"やりたいこと"に重きを置いて、仕事を探しました。

無事に前職の在職中に見つかって良かったです。
 


書こうと思えばこの2ヵ月間は本当に色々ありましたが、退職することができて良かったと思う反面、同時になんだかんだで悲しくもあります。

なぜなら、もうあの警察が出てこない版『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のような職場で働けないからです。



『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 予告編


受注!金!酒!みたいな日々は本当に楽しかったし、椅子の上に立って仕事をしても怒られない職場はきっと他にないと思います。


あと一番は面白い人達と出会えたことです。

私がよく会社の人たちを誰かに説明するときに言うのは"みずほ銀行では絶対に働けない人たちの集まり"で、なんか素直に社会には適応できなさそうだし、事務仕事をやらせたら発狂してしまいそうだけど、人間的な面白味が凄くある人が沢山いました。

この前「お前と飲むのはこれで最後だ」と言われてしまいましたが、皆さんとはこれからも付き合って欲しいです。



ということで、今月からは普通の生活が送れるので、疲れるとか言い訳はせずに自分の時間を有意義に使ってやっていきます。

会社でお世話になった方々のためにも、そして森木製菓を読んで下さっている皆さんもためにも、インターネットで見かけない日はない!くらいになります。



以上!!


↓ クリックお願いします!
にほんブログ村 OL日記ブログ がんばるOLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村