森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

代官山をかじりながら生きていきたい

こんばんは!
初めてちゃんとしたパエリアを食べた森木です。


今日は代官山にて開催されていた『猿楽祭(さるがくまつり)』というイベントに行ってきました。

アートや食べ物のお店やワークショップがいっぱいあって、あとはヒルサイドテラスを周れるフォトスタンプラリーもあったので楽しかったです。


f:id:morikicompany:20171009232700j:plain


それで歩いていて思ったのですが、代官山ってやっぱり超オシャレですよね。


f:id:morikicompany:20171009232729j:plain


f:id:morikicompany:20171009232732j:plain


蔦屋書店に行って、洋服屋さん巡りをして、カフェでゆっくりして…なんて休日を過ごせたら最高だなぁと思いました。

しかし私は決して代官山に住みたくはありません。

なぜなら"代官山に住んでいる"っていうのが私の中であまり面白くないからです。

なのでかじる程度にして生きていきたいと思いました。(は?)


どういうことかと言うと、代官山に徒歩で行けなくもないエリアに住んで、たまに代官山住民ぶりたいわけです。

例えば、池尻大橋とか。

これは7割くらい『火花』の影響を受けているのですが、私には「関西弁の落ち着いた口調の男と池尻大橋のちょっと古いアパートに住む」という夢があります。

ちなみに理想の間取りです。


f:id:morikicompany:20171009224447p:plain


上のは超だいたいの間取りなんですけど、条件があって、

①各々のスペースがある
②バストイレ別

は絶対であって欲しい。


この辺りとかちょっと高いけど本当に良い感じですよね。


suumo.jp


suumo.jp


それでその関西弁のちょっと落ち着いた口調の男とここに住んで、休日は代官山に出向くわけです。


f:id:morikicompany:20171009232750j:plain


f:id:morikicompany:20171009233615j:plain


そしてここで忘れてはいけないのが、いかに代官山住民ぶれるかということ。

なので、その関西弁ボーイにはグレーのVネックのシャツと黒のパンツというコーディネートで、蔦屋書店で『WEBマーケティング戦略』みたいな本を読んでもらいたいと思います。

私はスタバのカップを片手にオシャレ雑誌を読むのです。

それから駅前の文房具屋さんに行ったり、月1でちょっと奮発して服を買ったりするわけですね。

で、夕方頃に2人で池尻大橋のちょっと古めのアパートに帰宅。



これが代官山をかじりながら生きるということです。

素晴らしいですね。

20代のうちに半年で良いからこういう生活を送りたいものです。

この代官山をかじるに理解のある理想の男性をいち早く見つけて、ペイントで間取りを書いてスーモで物件を探す休日を1日でも減らせればと思います。


以上!!!


↓ クリックお願いします!
にほんブログ村 OL日記ブログ がんばるOLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村