森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

退職したときのための知っておきたい保険証&年金の手続きについて

こんばんは!
風邪で耳がつまってウザい森木です。



先日とうとう保険証を手に入れることができました!!(イエーイ!)

ようやく『健康保険資格証明書』と『離職票』が手元に届いたのです。


そこで今回は、保険証を手に入れるため&年金を払うために知っておきたいことについて書いていきたいと思います。

皆さんには一生関係ないかもしれませんが、本当にいつ辞めたくなるのか分からないので残しておきますね。

(※ちなみに私は世田谷区でやりました)

【重要】手続きをするのに必要なもの


f:id:morikicompany:20171025142844p:plain


なんならこれさえちゃんとしていればあとは大丈夫です。

保険証を手に入れるためには


健康保険資格証明書
会社からもらえます。ここで注意してほしいのが、手元にある書類が「証明願」ではないかということ。
私はこれで1回やり直しになってしまったので、しっかりと確認しましょう。
もし「証明願」と書かれていた場合は指定の住所が書いてあるかと思うので、そこに送ってください。4日前後で「証明書」が届きます。


マイナンバーが分かるもの
通知カードを持っていけば安心です。


本人確認書類
運転免許、パスポートとか顔写真付きのもの。
記載されている住所が現住所と合っているかもチェック。


キャッシュカード
あってもなくても大丈夫ですが、口座引き落としにする場合はその場で手続きをしてもらえるので、あると便利です。


年金を支払うためには


離職票
これも辞めた後に会社からもらえます。


健康保険資格証明書


年金手帳
基礎年金番号を書く欄があるので持っておくとよいです。




ちなみに「14日以内に手続きをして下さい」とよく言われますが、14日を過ぎても大丈夫とのことでした。(他の区は一応確認してみて下さい)

というか会社を辞めるときに「保険喪失を表明するものや離職票っていついただけますか?」と聞いたら「給料が確定してからです」と返されたので、14日って結構厳しいのではないでしょうか。

実際は、離職票に関しては給与未計算の状態で3週間後にもらえました。

保険証はないと本当に困るので、なるべく早くくれないとつらいという旨を話したところ、1週間くらいで証明願が届いたので、頑張って交渉してみて下さい。


近くの市区町村役場に行こう!!


f:id:morikicompany:20171025145243p:plain


上記の書類さえ揃えばもう安心です。

あとは近くの市区町村役場に行って、流れに身を任せましょう。


手続きにはどのくらいの時間がかかるの? 金額はその場で知れる?


f:id:morikicompany:20171025144323p:plain


私の場合、待ち時間0でトータルで40分くらいでした。

保険のは色々書いたり口座登録したりで20分以上かかりましたが、年金は10分くらいで終わりました。

料金に関しては、保険は最初に請求がきたときに初めて分かるそうです。

ただ前年度の所得×○%とかである程度計算はできます。

というか私の前年度の所得でやったら月4,000円くらいになりませんか? その辺どうなるんですかね。


で、年金はその場で支払い額を知ることができます。

平成29年度の場合だと、定額保険料が16,490円/月で、付加込保険料が16,890円/月でした。

この付加込保険料っていうのは400円高いけど、その分老後にお金を貰えるよというものです。(200円×納付した月分が年額に上乗せ)


ということは例えば65歳まであと40年あった場合、

200円×(40年×12ヵ月)=96,000円が年金の年額に上乗せされるわけです。

それまでに支払う額は192,000円だから、67歳まで生きれば確実に元をとることができます。

というか、96,000円だった場合毎月8,000円がプラスされるわけだから、ジントニックを1杯我慢しておけば老後は毎月20杯飲めるんですね。


一旦確認してからが確実です


f:id:morikicompany:20171025151241p:plain


長々と書いてきましたが、これはあくまでも世田谷区で手続きをした場合なので、念のためHPや電話などで確認してから行ってみて下さい。

恐らく上記の書類があれば大丈夫なんですけど、何かあってやり直しになったら大変なので。



以上!!



↓ クリックお願いします!
にほんブログ村 OL日記ブログ がんばるOLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村