森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

ミカちゃんと僕は音楽の趣味が合わない

今朝、下駄箱でミカちゃんと遭遇した。

僕が挨拶をするよりも前に、ミカちゃんが「おはよう」って言ってくれた。

笑顔だった。

僕の今日がここで終わればいいのにと思った。

ミカちゃんはそのまますぐに友達と合流して教室に行った。

僕は図書館に本を返してから教室に向かった。

午前中まではいつも通りだった。

国語の時間に当てられそうになって、そわそわしているミカちゃんが可愛いと思った。

でもお昼休みにまたタクヤがミカちゃんに近付いていた。(ちなみにミカもタクヤもこのブログ上のあだ名である)

2人は音楽の話をしていた。

ヨネズ?ヅ?なんとかとか、ラッドとか僕があんまり聴かないようなやつ。

CDを貸す約束なんてして、タクヤの下心が丸見えでなんかムカムカした。

僕だって音楽はたくさん聴くのに。

でも僕が好きな音楽をミカちゃんに勧めたら、嫌われちゃうかもしれないな。

でもミカちゃんがあんな汚い音楽を部屋で1人聴いていたら最高だな。

僕も爽やかな音楽を聴こうと思ったけど、それじゃタクヤと一緒になっちゃうからやめよう。

ありのままの僕をミカちゃんが好きになってくれたら嬉しいな。

もし好きになってくれなくても、それは本当に合わないってことだからしょうがない。

仮にヨネヅを聴いてそれでも好きになってもらえなかったら、僕は自分の選択を後悔してしまうだろう。

それは嫌だから今日も銀杏BOYZを聴く。ゴイステを聴く。

いつかミカちゃんが興味を持ってくれたらいいな。持ってくれなくてもいいんだけど。

また明日もあの「おはよう」が聴けますように。

おやすみなさい。



(※銀杏BOYZのライブに行ってきましたということです。)