森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

僕の好きを好きになって

 

今日は、ミカちゃんはサッカーの練習を見に行っていなかったようだ。

 

だけど友達がきっと何の気なしに言った「タクヤといるときのミカちゃんって楽しそうだよね」という発言で、僕は落ち込んでしまった。

 

そんなのは僕だって分かっていたし、友達はただ事実を言葉にしただけだ。

 

でも僕は悲しい気持ちになった。

 

僕じゃない、誰から見てもそうなんだ。

 

 

それから、僕もサッカー部に入ろうかと思った。

 

サッカー部に入ることで、ミカちゃんの視界に入る時間が増えるなら、少しでも他の人より興味を持ってもらえるなら、僕は走るのが苦手だけど頑張ろうと思う。

 

そしてタクヤなんかよりもずっと上手なプレーをして、ミカちゃんに褒めてもらうんだ。

 

ミカちゃんは僕のためにサッカーの試合をテレビで見るようになって、僕が練習試合の日をミカちゃんに教えてあげるんだ。

 

 

でも、僕だって本や文章への熱意は、タクヤのサッカーに対するそれとほぼ一緒だ。

 

だけどミカちゃんは読み物に興味がないんだ。

 

僕がどんなに面白い本を読んでいようと、学校で選ばれるほどの文を書こうと、誰よりも僕を賞賛してくれない。

 

僕の好きなものを同じように好きになって、そうして僕を認めて欲しい。

 

タクヤと同じように、一緒にいるだけで幸せになって欲しい。