森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

やることが無さ過ぎるおかげで、ようやくジム通いを始めました

サバイディー!
ビエンチャンは今週ずっと雨らしいですね、森木です。



25年生きてきて、ようやくやっとついにとうとうジム通いを始められました。


というのも今までの私は本当に口だけで、例えば


f:id:morikicompany:20190703234123p:plain


「ジムに通おうかな」と言って結局通えなかったし、


f:id:morikicompany:20190703234323p:plain


「筋トレをしておきたい」というのもやはりただの願望だったし、


f:id:morikicompany:20190703234205p:plain


あげく「モテたいからジム通いを始めた」かと思いきや、1,2回お試ししただけでした。



こんな感じで今までの「ジム通うぞーーー!!!」あるいは「筋トレをついに始めたぞーーー!!!」は全て虚言だったのだけど、今はちゃんとある程度のペースでジムに通えています。

25年間生きてきてやっとです。

ちなみにどうして通い始めたかというと、理由は4つあります。

  1. ラオスのジムは安い
  2. 家から徒歩3分くらいの距離にある
  3. モテたい
  4. ラオスは本当にやることがない


家の近くのジムはかなり安くて、女性は1回15,000kip(=約190円)で利用できます。

まぁエアコンが付いていないのが致命的なのですが、夜の比較的涼しくなり始めた時間に行けば大丈夫です。

ちなみに友達が行っているエアコン付きシャワー付きのジムは30,000kip(=約370円)みたいです。

どっちにしろ安いですね。


そして単純に家から近いから行きやすいのと、これは前から言ってるけどまじでモテたい。

年相応あるいはそれ以上に若い、さらに程よい肉体を手に入れて、渋谷にいる男性の12%くらいに抱きたいと思わせたいです。


あとは、ラオスでの帰宅後は本当にやることがありません。

まず仕事が終わるのは16時、それから人と喋ったり多少の残業をしても18時前には余裕で家に帰れてしまいます。

ブログを書いたりYouTubeやCNNを観たりしても、まだ時間が余ります。

結果あとはジムに行くしかないと思いました。


東京にいるときはコンビニとか本屋に行ったりっていう選択肢もあったけど、家の近所にジムしかないので本当にジムに行くしかないんです。


ちなみに私が行っているジムはこんな感じで、結構ちゃんとしてるでござるよ。


f:id:morikicompany:20190704000900p:plain


f:id:morikicompany:20190704000940p:plain


f:id:morikicompany:20190704001021p:plain

↑撮ってみたかっただけ


ペットボトルの水やジュースも買えるし、ウォーターサーバーもあります。

勝手にメニューを説明すると、いつもはじめに自転車を15分くらいこいで、それから太ももや腕、胸筋、腹筋を鍛えるようにしています。


それで事務所にトレーナーではないけどそれ系の方がいらっしゃるので見ていただいたら、「骨盤が立ってるし、お尻のたるみも良くなってきた!」とのことでした。

嬉しいですね!

この前「お尻がちょっとたるんでますね」って言われて結構ショックだったので本当に嬉しいです。


新卒で入った会社でも「お前ってお尻がたるんでるからなぁ」と同僚に言われたことがあって、以来じわじわと溜まっていた"お尻のたるみを指摘されるメーター"がそのときついに爆発して、それでジムに通い始めたのもある気がします。


でもおかげ様で最近少しモテるようになりました。

連絡先を聞かれたり、実際にメッセージが来たり食事に誘われたりします。

だけど全員おじさんだし、さらにはもれなく既婚者なのでなんかただ「いける女」になっただけなんじゃないかと、不安な気持ちでもあります。


まぁいずれにせよ魅力的な女性になるために頑張ります。

頑張りますって言うか、ジムに行くしか選択肢がないのでまたそれを選択し続けます。


以上!!!