森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

田中圭がいなくてもニンテンドースイッチって楽しい??

こんばんは!
マウスの電池が切れて悲しい森木です。



皆さんはどんなときに購買意欲を掻き立てられますか?

私はというと、テレビCMを見て「これ欲しい!」となることがよくありました。

しかし、大学4年生のときに広告論かなんかの授業で『CMは充実感溢れる演出をしているけど、実際にその商品を購入したところで同じように人生が良くなるわけじゃないですよね』という、当たり前すぎて気が付かなかったことを言われて以来、何かが欲しくなったら一旦冷静になるようにしています。


例えば分かりやすい例で言えば、このレノアハピネスのCM。



【CM】P&G レノアハピネス


"ラ・ラ・ランド的な毎日を過ごす彼女が使っているのはレノアハピネス"という感じで、一瞬なんか良い!となってしまいますが、ここで己の現実と照らし合わせるわけです。

そうすると、私が働いているのはホコリっぽいラオスのオフィスだし(=華やかな職場とはどう頑張っても無縁)、そもそも沢尻エリカの容姿とは程遠いし、そんな状況で服をスワイプして良い香りがしても別にそこまでテンション上がらないな…いつもので良いや…となってしまいます。


そんな感じで最近買うのをやめたのが、ニンテンドースイッチです。

ニンテンドースイッチと言えば、このシリーズのCMが有名ですよね。



Super Mario Party commercial nintendo switch tvcm cm pub 슈퍼 마리오 파티 スーパー マリオパーティ


田中圭さん、ウエンツ瑛士さん、内田理央ちゃん、葉山奨之さんの4人が楽しそうにスイッチで遊ぶ姿が印象的なCMです。


実際、初めてこのCMを見たときは、「うわーやっぱりスイッチ楽しそう!買おうかな!」ってなったんです。

しかし、ここでまた現実照らし合わせタイムに入り、私は思いました。

「でも田中圭に『スイッチやろうよ!』なんて気軽に言える仲じゃないし、そうするとここまで楽しくないんだろうな…」と。


そうして私はスイッチを買うことをやめました。(かわいそう)

恐らく家で1人でやったら、この男3(しかもみんなイケメン)女1の状況と比べると7割くらい楽しさが減ると思います。

そう思うと、スイッチを持ってる友だちの家に呼ばれるまで待とう…となってしまったのでした。


でもこの思考のままだと、なんだかより一層人生が充実から遠ざかってしまうような気がします。

なのでCMの雰囲気につられて買ったけど、ちゃんと良かったわというエピソードがありましたらぜひ教えてください。


というかよく考えたらアレじゃないですか?

田中圭がそこにいれば、一緒に草をむしっているだけでも幸せじゃないですか?

もしかしたら私が求めていたのは、ニンテンドースイッチじゃなくて田中圭だったのかもしれません。

写真集でも買おうと思います。


以上!!!