森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

ラオス人の彼氏との出会いを振り返ります③(最終回)

こんばんは!
とにかく眼が痛い森木です。



チャラぴとの出会いシリーズもいよいよ第3弾、最終回に突入しました。

記憶が薄れないうちに、続きを書いていきます。


好きかも編:「初めてのディナーと帰国」

バレンタインのあたりからチャラぴに対する興味が一層湧いてきたので、理由をつけては彼のいるスタジアムに行っていました。(スポーツをやっている人なのです)

しかし何度見ても挙動がやはりチャラいし、方言がキツすぎて何を言っているんだか分からないし、どう頑張っても顔がタイプじゃないのでした。


だからこの段階で、私も好き!という風になることはなかったです。

メッセージでやり取りをしているときは、あれ恋してる…?と思うことが何度かありましたが、いざ会うとなんか違うな…の繰り返しでした。



さらにここで私に大きな変化があったのですが、1ヶ月くらいガチでマッチングアプリをやっていたんですね。

3年付き合っていた彼氏と年末に別れ、なんだか知らないけど誕生日(4月27日です)までに絶対に彼氏をつくりたかったのです。


この時点でだいたい4~5人と毎日メッセージのやり取りをしていたのだけど、簿記の勉強と仕事で忙しすぎるあまり、ある日突然アプリを全て削除してしまいました。

本当にワガママすぎるのですが、突然あーもう全部うるさい!!と思ってやめてしまったのです。


チャラぴへの返信もほとんどしていなくて、そんな廃れモードだったときに同じ職場のスタッフから「チャラぴが一緒にご飯を食べに行きたいんだって」というお誘いが。

勉強をしたい気持ちもあったのですが、せっかくなので私の帰国の前日にそのスタッフと3人でごはんを食べに行くことにしました。



その日はラオス料理を食べたのだけど、チャラぴが想像していたのと違うということに気づきます。

すごい気配りができるというかコップが空になったら水を注ぐとか、お皿に何も無かったら取り分けてくれるとか、周りをきちんと見て動いてる人なんだなぁと思いました。

さらに帰り道では、私の自転車をひいて途中まで送ってくれたりと、優しいんです。


当時の私は心に余裕が無さ過ぎて、そういった細やかなことが一切できていなかったので、なおのこと魅力的に感じました。

それから別れた後に振り返ったときには、歩きながら大げさに伸びをしたり腕を回したりしているところが見えて、その「1ミッションやり終えたぞ!!」みたいな感じが超可愛かったです。



よく「なんでチャラぴのことを好きになったの?」と聞かれるのですが、私が失いたくないのにどうしても失いそうになっている純粋な優しさや素直さ、そして余裕を持ち合わせているところが良いのだと思います。

表現するのが難しいけど、彼の行動はすべてが平行線上にあるんです。

子供とか老人のそれに近い感じがします。



話が少し逸れましたが、そんなこんなであっという間に帰国の日に。

この時点できっと私はチャラぴのことを好きになっていて、自分の国に帰らなければいけないのが惜しくなっていました。



付き合う編:「眠れない簿記試験前日」

22日の朝に東京に着いて、次の日にはもう簿記の試験だったので、私は勉強に打ち込んでいました。

正直90%くらいの完成度でしたが、朝8時くらいには家を出ないといけなかったため、早めにベッドに入ります。


寝る前にチャラぴにメッセンジャーを返して、どういう流れか忘れちゃったけど「森木の彼氏になれた人は幸せだろうな」みたいなことを言われたんですね。

ちょっと告白の空気を感じつつ、「チャラぴの彼女になれる人も幸せだと思うよ!」と返しました。



その後ラオ語で何かが送られてきた(コミュニケーションはラオ語か英語です)ので、アプリで翻訳をしていたところで、すぐに英語が送られてきました。

内容は「僕の彼女になって欲しい」というもの。


私はチャラぴから告白されたこと自体もですが、こんなにきれいな流れの告白を体験できたことに超感動したのを覚えています。

それから「うん!」と返すと「いいの?」と聞かれ、この強気に出ない感じがラオス人っぽいなと思いながら「私もちょうどあなたの彼女になりたいと思っていたの!」と返事をしました。




普通にじわじわと恥ずかしくなってきた。

絶対日本語じゃこんなこと言えないですよ。ヤバい。英語の持つ効力ヤバい。




もうこれ以上は恥ずかしメーターが降り切れてしまうので、この辺にして、こんな感じでチャラぴとお付き合いすることになりました。

この告白の後、向こうが仕事の都合で日本に来たので、そのときに1度会いました。

私はいまも日本にいるので遠距離恋愛になるのですが、毎晩約2時間のテレビ電話をしていて、それが日々の楽しみです。




私のラオ語はきっと2歳児のそれと同じなんだろうけど、そんな語彙力でも内容を頑張って理解しようとしてくれるし、チャラぴもゆっくりと喋ってくれるようになりました。(たまに友だちと喋っているのを聞くと本当に何言ってるのか分からない)

コミュニケーションをもっと円滑にするために、お互いの言語と英語を教え合ったりもしています。




あー。

なんて絵に描いたような幸せなんだろう。


それでもやっぱり文化の違いに驚くことは多々あるので、それもまた後日記事にしていきますね。

そんな感じで、ラオス人の彼氏との出会いでした。

(未だに顔はタイプではないですが、なぜか写真を眺めたりしてしまいます。でも冷静に考えるとやっぱりタイプじゃないです)


第3回までお付き合いしてくださり、ありがとうございました!



以上!!!