森木製菓

果たして社長になれるのか!?

『夜に駆ける』が流行っている世の中は大丈夫なのか(途中)

こんばんは!
本当に寒すぎて勘弁してほしい。




YOASOBIってめちゃくちゃ人気ですね。

あんまり新しい曲をチェックするタイプではないのですが、『夜に駆ける』は流行りすぎて勝手に聴いていました。



YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video


それで最初は(アップテンポで爽やかで今っぽい感じだな~確かに流行りそう)と思っていたのだけど、何回か聴いていくうちに気付いたのです。

これって超メンヘラソングじゃん、と。

メンヘラソングと言うか、もう自殺の歌ですよね。


こういう鬱系の歌ってアンダーグラウンドでしか流行らないと思っていたから、ちょっと驚きました。



[MV] アーバンギャルド「ワンピース心中」


というかアンダーグラウンドだけで良かったんです。

だってそんな暗愁を表現する歌が流行ったらちょっと心配になるじゃないですか。



でも『夜に駆ける』はこんなにも人気です。

つまりはこの自殺欲求を描いた歌に心を動かされている人が、日本に大量にいるということです。


そう思ったら、この歌がどうしてここまで流行っているのかが分からなくなってしまいました。

どうか聴いているうちの半分くらい、いや半分以上はなんとなく雰囲気で好きになったとかであってくれと思いました。



それで今日めざましテレビを観ていたら、「新しいめざましのテーマソングをYOASOBIが歌うから、題材となる小説を募集してます」みたいなこと言っていたんですね。

テーマは"おはよう"で、ちょっと興味があったので書いてみようと思って色々考えてみました。


しかし、朝のめざましテレビのテーマソングになることを考えたら全く思いつかない。

それから森木母に「朝から前向きな気持ちになれるような小説ってなに? だいたい人間失格とか金閣寺とか、今でも有名な本って暗いじゃん」と愚痴をこぼし、暗いじゃんって思った。(?)


いや、そうなんです。

よく考えたら音楽とか本と向き合うときって自分1人しかいないじゃないですか。


しかもネガティブな感情はあまりシェアしないというか、良いことがあったら割と人に話したりするけど、このレベルの闇的な思考ってなかなか共有する機会がないですよね。

じゃあどこで発散しているんだと聞かれたら、こうやって誰かの作品を取り入れて共感することでちょっと救われたり、あるいは自分が文章にしたりすることが多いなと思いました。

そういう個々人の超狭い共感の集大成が、今の『夜に駆ける』の流行りになったんだなと思ったら納得。


反対にいきものがかりみたいな、明るい曲は"みんな"で楽しむというイメージがあるから分かりやすいけど。

ちょっとポップになっているから気付かなかったのですが、別に今の日本がヤバいというわけではなく、何十年も前から変わっていなかったですね。



待って超それっぽいことを書いたけど、いま読み返したらなんの解決にもなっていなかった。

希死念慮みたいなものって結構みんな抱きがちなものなんですか?

ちょっともっと考えたいけど眠たすぎるから一旦寝ます。

タイトルに(途中)と入れるので許してください。おやすみなさい。