森木製菓

果たして社長になれるのか!?

あまりにも最高の夜だった

私はあの瞬間、間違いなく世田谷区で、いや世界で一番幸せを感じていた。

今日はパーソナルで60分の脚のトレーニングをしてきた。

3月末にハム(左もも裏)の肉離れをし、先週やっと理学療法士さんからのOKが出て、それから2回目の脚トレだ。

肉離れをする前はバーベルスクワットで45kgを8回持ち上げていたが、久々だったのと再発が怖かったから前回は30kgを10回でやめた。

しかし今日はトレーナーさんがいるから安心してできる。

最初は20kg、次に30kgでまだいけることがわかり、35kg、40kgを2セットからの30kg。

トレーナーさんにフォームが綺麗ですねと褒められて嬉しかった。

脚トレは気合が必要な種目だから、「頑張るぞ!!」という気持ちではいたのだが、その一言で少しテンションが上がり、さらに言われたこの言葉でモチベーションが天井にいった。

「女性のバーベルスクワットを補助することってあまりないから、なんか良いですね」

うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!



その後大嫌いなブルガリアンスクワットを14kg×3セット、レッグプレスは80kg×2セット、100kgからのまた80kgをドロップセット(休憩を入れずに立て続けにやるやつ)で。

もうこの時点で足がガクガクである。

疲労がマックスに達し、次のエクステンションというマシンへ移動していたときに、トレーナーさんから「森木さん、疲れすぎてスマホ忘れてますよ!」と言われた。

BCAA(マッチョがジムに持って行っている色つきの液体、アミノ酸)のボトルはしっかり握っていたのに、スマホは置き忘れていた。

そんな状態のままエクステンションを20kg×3セット。

四頭の付け根の辺りに効かせるために、脚を畳んだ状態でお尻も上げる。

4種目目で普通にキツかったのもあったが、最後は脚が上がらなかった。

最後の3セット目で、もう無理だ!!!というところまできたのだが、そこでトレーナーさんがウェイトのピンを10kgに移動した。

「このままいきますよ!!!」

またドロップセットである。

もう脚が上がらない私に対してこんなことをするなんて、このトレーナーさんは本気で私をデカくしようとしてくださっている。

私は「はい、いけます!!!」と答え、ひどい顔面で四頭を追い込んだ。

終わった後はもうフラフラだった。

産まれたての小鹿よりも足元がおぼついていなかった。

トレーナーさんにお礼を言った後、階段を下りたのだが、全て踏み外しそうだった。

四頭はガクガク震えている。自分の脚じゃないみたい。

あぁこれが脚トレだ。

これだけキツいのが本当の脚トレだ。

私は力が入らない脚でふろふろに歩きながら、すごく幸せな気持ちになった。

また脚を鍛えられる喜び、痛みを感じる喜び、それはつまり脚がデカくなっていくということ。

自転車を漕ぎながら歌いたい気持ちだった。

実は火曜日から超プチ減量をしていて今日が最終日だったのだが、筋肉が炭水化物を猛烈に欲しがっていたから大福をあげた。


f:id:morikicompany:20210611221149p:plain


いまはとてつもなく眠い。

明日の筋肉痛が楽しみである。