森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

【ラオス】ビエンチャンでとんこつ醬油ラーメンを食べました

サバイディー!
雨が降ってばかりで勘弁してほしい森木です。


本日は土曜日ですが、所属している団体でイベントを開催していたので、午前中はそのお手伝いに行ってきました。

別の部署が実施しているものだから別に行かなくても良かったし、なんなら日本にいるときは「残業や休日出勤はしたくない」という意志を誰よりも強く持って生きているのだけど、ラオスにいるとソファーに座り飽きるほどに暇な時間が多いので積極的に出向いてしまいます。


そしてそのイベントは無事に終わり、ただあまりの暑さで水分がほとんど出ていってしまったので、道端で売っているパイナップルを買ってから事務所に戻りました。

写真は撮り忘れてしまったのだけど、高さ15㎝くらいの剥きパイナップルが10,000kip(=約130円)で買えます。

大きさの割に安いし、味も甘くて、5人くらいでシェアハピして食べました。


それから、職場の3人でお昼のラーメンを食べに行くことに。

そのラーメン屋は街の方にあって…本当に申し訳ないのですが、店名をど忘れしたので後日入れます。

メニューは、基本の醬油から味噌、とんこつ醬油など様々な種類がありました。

枝豆や冷奴など居酒屋的な料理もあったけど、「お酒を飲みたくなりそうだからやめよう」という懸命な判断により、今回は諦めることにしました。


そして私は家系ラーメンで育ってきた人間なので、迷わずとんこつ醬油(約500円)を注文。


f:id:morikicompany:20190525235032j:plain


心のどこかで(まぁラオスのラーメンだし、そんなに期待しないでおこう…)と思っていたものの、食べてみると普通に美味しい。

ビエンチャンで本格的なラーメンを食べられると知ったことで、私は生きるのがだいぶ楽になりました。(良かったね)


それからは解散して…そう、そのラーメンを食べに行った3人のうちの1人が私の推し上司(おじ様)なんですけど、なんか散るときって普通「じゃ、また来週」みたいなのがあるじゃないですか。

でもそういうのがなく、いつもすぐに自分の生活に戻っていくので、私ってそういう猫みたいな人に心惹かれる傾向にあるようです。

凄くどうでも良かったですね。なんか恥ずかしくなってきちゃった。



そうして今に至ります。

ちなみに夜ご飯は、最近お付き合いの食事が続いていてシンプルなものが欲しかったから、野菜と卵のスープで済ませました。

明日は日曜日だけど、特に誰かと出かける予定も今のところはありません。

家でぼけっと過ごすのもアレなので、やることをやったらフラフラと適当に冒険して来ようと思います。


以上!!!



ラオス人と飲んでたら一生結婚できない気がした

 

サバイディー!

いや、もうサバイディーどころじゃない。

 

いつもはパソコンから更新しているのですが、立ち上げる時間も惜しいのでスマホから更新しています。

 

まず、私は今めちゃくちゃ酔っ払っています。

アホみたいに飲んでいた大学生ぶりの良いです。(御歳25歳)

なんでかというと、ラオスの偉い人に飲みに誘われて行ってきたからです。

 

その人は、私が現在携わっている地方のプロジェクトの…そんな難しい話はいいですよね。

とりあえず仕事で関わりがある地位のある人なんです。

 

それで今日、仕事の関係で、私たちのいる首都ヴィエンチャンに地方から来てくださっていたんですよ。

初めて彼に会ったのは、たった3ヶ月ほど前ですが、元から周りからの評判が良く、実際にとても素敵な方だったので私は秒でファンになってしまいました。

 

そんな推しラオス人から、今日やっと電話番号を聞いてもらえたんです。

仕事終わりのお昼の時間に、ラオスの番号があったら教えてって。

でも私は仕事用のガラケーよりも原始的なNOKIAという携帯の番号しかなかったので、そちらを伝えました。

 

そのままお話していると、どうやら彼は2,3日ヴィエンチャンに滞在するということが分かりました。

それを知った私はあわよくばという気持ちで、「ヴィエンチャンに滞在している間は何をするんですか?」と聞いたんです。

けどやっぱり返ってくるのは、「色んな人に会いに行くんだ」という感じで、まぁ私みたいな若造なんて相手にもならないよなぁとなんとなく思っていました。

 

その時は、ランチをしてそのまま解散です。

けれど仕事が終わってしばらくしたときにふと携帯を見たら、「夜出かけませんか?」っていうメッセージが来ていたんですよ。

しかもお昼に解散したすぐ後にです。

 

ガラケーより原始的な携帯の画面にカクカクの文字でそんなメッセージが来ているのもそうだし、何より周りの気を使ってかその場で言わなかったことに対して、私は1096284年ぶりくらいにトキメキとエモみを感じました。

正直金曜日だし、あり得ないくらい疲れていたけど、その文面を見た途端、土曜のお昼くらいの体力を取り戻し、私はいくことにしたのです。

 

ただ職場の人から「さすがに2人きりは危なくない?」って言われて、よく考えたらそんな気もして会う前はちょっとドキドキしていました。

でも実際に会ったら全然危険なことなんてなくて、まぁラオス人に特有の必殺お酒勧めにより2人でワインのボトルを空けはしましたが、最後の方は「辛かったら無理しないでね」って感じの普通に良い人でした。

 

食事も結局全て奢って下さったし、何よりその後ですよ。

その人が泊まってるホテルと私の家が反対方面だったから、別々に帰ることになって、それでトゥクトゥクっていうタクシーみたいなのを捕まえることになったんです。

 

そのときにトゥクトゥクのお代まで払って下さったあげく、運転手の電話番号と名前を聞いて「ちゃんと送り届けてよ」って言ってる姿を見て私は本気で恋する0.3秒前くらいまでいきました。

だって25歳にもなるとここまでしてくれる人、当たり前だけどなかなかいないんですよ。

 

でも彼は思い返せば、私が地方に行って夜一緒に飲みに行ったときもゲストハウスの玄関まで送って下さったし、今日も特に家族の話をするときの言葉の端々から真面目さを感じることができました。

そんな推しラオス人を見ていたら、もう一生これ以上素敵な人に出会えないのではと思ってしまいました。

 

食事中も私はボケーっとしていて気付くのが遅いのですが、食事を取り分けるのも水を注ぐのも偉い人なのに率先してやって下さって、もうおあああああううううあーあーおーうええー

とにかく私は将来彼みたいに純粋で気配りができて、健全な考え方の人と結婚したいと思いました。

 

あるいは来世でもう菅田将暉くんの彼女より彼の奥さんになりたいです。

そんな素敵すぎる人との最高の花金の話でした。

 

夢に出てきますように。

以上!!!

 

 

 

4回目のラオス!!!!!意外と暑くない!!!!!

サバイディー!
またラオスに来た森木です。


今回も成田空港からハノイ経由で移動し、20日の夜にビエンチャンに着きました。

これで4回目のラオスです。

去年の今頃はこんなに行き来するとは思ってもみませんでしたが、2018年8月に初めてラオスに来て、今や2~3ヵ月に1回のペースで訪れる仲となりました。


それで5月にラオスに来るのは今回で初めてになるわけですが、思ったほど暑くないです。

着いた日の夜なんかは、クーラーのタイマー設定が切れる度に目が覚めて全然寝た感じがしなかったんだけど、たまたまその日が異様に暑かっただけらしく今は全然問題ありません。

昼間の最高気温は33℃くらいですが、カラッとしているから過ごしやすいし。


というのもラオスで1番暑い4月を過ぎてしまったのと、今は雨季に入りかけていて雨が降ると少し涼しくなったりするんです。

前回滞在期間中の3月末はバイクに乗っていても温風しか感じなくて、外に出るのが億劫でたまらなかった記憶があります。


すみません、2週間ぶりくらいに書いたブログがこんな短くて申し訳ないのですが、明日までバタバタしているので週末にまたゆっくり更新します!

とりあえずラオスにいますという報告を。

以上!!


ラオスの犬が怖すぎるので狂犬病ワクチンを接種しました

こんばんは!
動物大好き森木です。


私は現在、日本とラオスで仕事をしているのですが、今年は1年の半分くらいをラオスで過ごすことになりそうです。

スローライフで人が優しいラオスは好きだし、いられるのは嬉しいのですが、1つだけ本気で嫌なものがあります。

それはです。


f:id:morikicompany:20190118222123j:plain


いや、犬自体は好きなんですよ。

今日もペットショップにいるワンちゃんをなでなでして癒されてきました。


しかし、ラオスにいる犬たちの何が怖いかって狂犬病ウイルスを持っている可能性が高いのです。

狂犬病と聞くと、"感染している犬から噛まれたらうつる病気"というイメージがありますが、実は猫やコウモリも危険で、引っかかれたり、傷口を舐められたりするだけでも感染する恐れがあります。

もし人間が狂犬病になると、発熱や頭痛といった風邪のような症状から始まり、次第に幻覚が見えるようになって、水が怖くなる恐水発作になり、やがて昏睡状態で命を落としてしまいます。

そして1度感染してしまえば、その致死率はほぼ100%という恐ろしい病なのです。


今の日本では飼い犬に対する狂犬病予防接種が義務付けられているし、野良犬も悲しいですが引き取り手が見つからなかったら殺処分されてしまいます。

そのため狂犬病にかかるリスクは無いに等しいのですが、残念ながらラオスではそういうルールはなく、渡航するなら予防接種は受けておいた方が良い国になります。


そして、私の家から大通りに出るまで50mほどの道があるのだけど、そこに暴れん坊将軍みたいな犬がいるんですよ。

もう目があったらというか、物音を立てただけでものすごい勢いで吠えながら追いかけてきます。

よく「走ってはいけない」と言われますが、そんな自分を死に追いやる可能性のある生物が迫ってきて悠々と歩くなんて出来ないです。


私はでこぼこの道をサンダルで全速力で駆け抜けています。

そのときに50m走の記録をはかってくれたら、高校時代の自分を超えられるでしょう。

だいたい30mくらい行けば諦めてくれるのですが、いつか追いつかれて噛まれるのではと毎回怯えながら通勤している状況です。


実はその犬は飼い犬なので、たまに近くに飼い主がいることがあるのですが、でも「オイ、静かに!」と注意するくらい。


もっと全力で止めに来いよ!!!!!!


と思いながらいつも走っているし、なんなら門の外に出さないで欲しいです。(ラオスの犬は基本放し飼い)


あと、勤務先の周りにも犬や猫が普通にいるし、猫が足元にすり寄ってこようものなら避けないといけません。

動物が好きなのに拒絶しないといけないのはつらい、何よりそんな恐ろしい病気になるのは怖い。。。


ということで、先月から2回、日本にいる間に狂犬病ワクチンを接種してきました。

私が今回お世話になったのは、渋谷区にある『千駄ヶ谷インターナショナルクリニック』です。


www.sendagaya-ic.com


やはり日本だと狂犬病ワクチンを扱っているところがあまりなくて、かつネットでの評判が高かったのでコチラにしました。

実際に清潔で受付の人も凄く優しくて、近所にあったらかかりつけにしたい思うくらい良かったです。


ホームページからの予約をしたので、当日はかなりスムーズでした。

まず、診察室で色々説明を受けて、ラオス狂犬病危険マップみたいなものをいただきました。



幸い私の行動地域は感染の確率が低いですが、でも可能性があるのなら受けておきたいです。


そして別室に移動してワクチンを打ってもらいました。

痛みはインフルエンザの予防接種に比べたら、全然平気でした。


今回私が摂取したのは輸入ワクチンで、2回目は1週間以上あけてから打つので、本日行ってこれで完了。

1回8,700円と普通に高いから「えーまじ、ランド行けるじゃん」と思いましたが、命と比較したら18,000円弱なんてもう大したことがないですよね。

万が一向こうで噛まれたらまた現地で3回摂取しないといけないのだけど、日本で打っておくと分かる言葉で説明を聞けるし、やはり安心感があります。

ちなみに事前摂取をしない状態で噛まれた場合、現地で5回摂取する必要があります。


おかげで次のラオス渡航では強い気持ちで生きていけそうです。

近所の犬に追いかけられても…いや、普通にそれは怖いです。

別に感染するリスクが0になったわけではないので、引き続き気を抜かずに生活していこうと思います。


以上!!!


【誕生日】25歳を"アラサー"って言うのやめて欲しい

こんばんは!
誕生日な森木です。


そう、本日4月27日で25歳になりました。

しかし正直前日くらいまでは自分の誕生日をすっかり忘れていました。

忘れていたというよりは認めようとしていなかったが正しいかもしれません。

つい数年前までの私は、自分から誕生日の告知をするいわゆるウザい人だったのですが、23歳あたりから1つ年を取ることがあまり嬉しくなくなってきていたんですよね。


そして25歳を迎える前なんて、いよいよ「誕生日よこないでくれ」としか思わなくなってきました。

やっぱり24歳と25歳じゃ全然違うんです。

四捨五入をしたときに20になるか30になるかで。


だけど私はこれに関してどうしても納得のいかないことが1つあって、それは「25歳になるの?アラサーじゃん」と言われることです。

まぁ25歳は正直なんとも言えない時期ですが、"アラサー"の響きにはやっぱり堪えるものがあるので否定をすると、だいたい「だって四捨五入したら30でしょ」と返されます。

いや、そうだけど、というかそれは私も思うけどそれとこれとは別じゃないですか?


だって例えばですよ。

皆さんがスカウトされたりとかして「お給料っていくらですか?」って聞いたときに「だいたい30万くらいかな」って言われて実際の額が25万だったらどう思います??

(は???)ってなりますよね??

だから25歳をアラサーと呼ぶのは違うと思います。


それにこの「アラサーは何歳からだと思う?」というアンケートでも、『28歳』と答えている人が1番多いです。


woman.mynavi.jp


だから25歳をアラサーと呼ぶのは違うと思います。


ちょっと話逸れるけど、今23歳のときのブログを読み返していたら、冒頭に"占い師から「24か25で年下の男と結婚する」と言われている"という衝撃なことが書いてありました。


morikicompany.hatenablog.com


もう残り半分しかないですね。ウケる。(面白くない)


でも友達や職場の人からおめでとうメッセージをいただけるのは凄く嬉しいです。ありがとうございます。

そして中学からの友だちが「5歳と240ヵ月おめでとう」と言ってくれたのに私は救われました。

それと同時に、これから年齢を聞かれる機会があったら「21歳と48ヵ月」っていう感じで答えていこうと思いました。


本当に4月生まれで良いことなんて、同い年の中でもお酒を早く飲めることくらいしかないです。

だって3月生まれの友だちなんてついこの間まで23歳でしたからね。

でも何度も言うようですが、私はアラサーじゃないから大丈夫です。


そんな25歳の戯言でした。

もう体力がないので寝ます。


以上!!!



【近況報告】また新しいYouTuberにハマってしまいました

こんばんは!
雨の日は眠たい森木です。



また新たなYouTuber、というかYouTubeチャンネルにハマってしまいました。

それが『よりしょへカップル』です。



しょへーくんの膝枕で寝る【よりひと】


好きすぎて1日1時間以上よりしょへの動画を観てしまっています。(ブログを更新してください)

前々からよりひと(よりしょへの「より」)の動画は見ていたのですが、もうそれよりもサブチャンネルのこっちの方が好きです。


なにがそんなに最高かというと、たまにくるキュンがたまらないのですよ。

そもそもチャンネル名は『よりしょへ"カップル"』なんですけど、よりひととしょへーくんには温度差が結構あるんですね。

よりひとは「この関係性ネタだからね??」っていう感じな一方で、しょへーくんは本当によりひとのことが好きなのです。


例えばこの動画。よりひとを嫉妬させるために、しょへーくんが童帝くんという人とイチャつくのですが、それを見たよりちゃんのリアクションはめちゃくちゃ薄い。



【嫉妬】よりひとの寝てる隣でイチャイチャする


この回なんて、しょへーくんが自分のパソコンに2人で撮ったプリクラを貼ったのを見て、俺女が好きなんだけど」とまで言ってしまっています。



昨日撮ったプリクラをパソコンに貼る【よりひと】


なので2人の愛の違いに冷や冷やしてしまうだけど、よりちゃんは本当にたまにしょへーくんにデレを見せるのです。


特に私が好きなのは、バレンタインの回。



【ラブラブ】よりひとからチョコレート貰えて飛び跳ねる


100円で買える板チョコを貰ってぴょこぴょこしながら喜ぶしょへーくんが可愛いし、よりちゃんもこの日はなんだか無防備です。

そしていつもはあんなに嫌がっているのに、最後にはハグまで許していました。

私は人生で初めてバレンタインありがとうと思いました。


挙句コチラでは、めちゃくちゃ自分のファンのことをディスりながら「しょへーくんは料理も家事も気配りできるから、俺結婚できそうにない」と遠回しなプロポーズをしているんですね。



よりひとに癒しのマッサージ


この20回に1回くらいある、よりちゃんがしょへーくんに心を許すときを求めて私は隙あらば動画をさかのぼってしまいます。

はぁ…もっと語りたい。

でもちゃんとした記事にするにはまだまだ知識が足りないです。

この2人が接触したのも去年の11月とかなんで、このチャンネルこそは全部チェックして魅力を書いていきたいと思います。


では続きを観るので今日はここまで。


以上!!!



銭湯に行ってきました

こんばんは!
東京はやっぱり疲れる森木です。



今日は銭湯に行ってきました。

いつもは朝シャンで済ませてしまうタイプなのですが、最近ウォーキングを始めて足に疲れが溜まっていたので、日本人らしく疲労回復しよう!と思ったからです。


そしてついでにウォーキングもやってしまおう、なんならウォーキングをしてほどよく疲れてきたころに湯舟に浸かろうと思い、ちょっと遠回りして向かうことにしました。

家から銭湯までは1km程なのですが、私のウォーキングルールとして"2km以上は歩く"というのがあるからです。

途中にあるお店を見たりして距離稼ぎをしたつもりだったけど、目的地に近付いたところであと300m足りないと気付き、銭湯の周りをぐるぐるしてから入りました。


やっと湯舟に浸かれるぞ~と思い靴を脱ぐと、受付のおばちゃんがやってきて「今日はもう閉めるから。大通りの警察署の前に他の銭湯があるよ」と言われました。

終了時間よりも1時間前に来たので拍子抜けしてしまいましたが、ここまで来たらとめげずに警察署へと向かいます。


しかし私が思っていた警察署の前にあったのは、銭湯ではなく病院でした。

しかも初恋の男の子のご両親がやっている病院です。

幼稚園の頃の楽しかった出来事を色々思いしたと同時に、医療系の大学を卒業しているんだから、きっとこの病院で勤務しているんだろうなぁとなんだかちょっとエモい気持ちになりました。

ちなみに卒園して以来1度も会っていませんし、共通の友だちから何を聞いたわけでもありませんが、大学名も部活も彼女がいることも私は知っています。

不思議ですね。


そして結局最初に行くはずだった銭湯から1km歩いたところにセカンド銭湯はありました。

番台の方がニコニコしていて、3畳くらいの憩いのスペースがあって、シャワーも固定式でいかにも昔っぽくてなかなか良かったです。


↑今日はラベンダー風呂だった


それでせっかくだから、その銭湯にいる間は「女優になるという夢をもって上京してきた、ファミレスとレンタルビデオ屋でバイトを掛け持ちし(たまに舞台の手伝いもする)、家賃4万の浴槽なしアパートに住んでいる桜庭ななみ似の女の子」というていで過ごしました。


お金がないから別にシャワーだけでもいいやと最初は思っていたものの、上京する前は実家の湯舟に毎日浸かっていたから、今は週1,2回銭湯に来ているのです。

でも1回460円って結構大きいから、いつも以上に頭をしっかり洗って、色んなお風呂をワケもなく何周もして、それから上がります。

ドライヤーは3分20円なので、その前のタオルドライは家にいるとき以上に時間をかける。

目の前の自販機にあるビックルが飲みたいけれど、家からペットボトルの水を持ってきているから今日は我慢します。

早く仕事で結果を出して親に仕送りをして安心させないといけないので、たったの数百円でも今は惜しいのです。


そういう感じで銭湯を楽しみました。

それからまた2km歩いて家に帰り、でもなんだかまた結局足が疲れてしまったような、もったいない感じもします。


ただぽかぽかすると自然な眠気が襲ってくるのでいいですね。

あと帰り道に見かけた"今日の言葉"みたいなのも良かった。



日本にいる間は銭湯にいっぱい入っておこうと思った1日でした。

急げ!!


以上!!