森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

ラオスに来て1ヶ月以上が経過!都民からしたらやっぱり飽きる?

サバイディー!
今回のラオス滞在で初めて雨が降りました、森木です。(なんかヒロシみたいですね)



さて、3度目のラオス、そして早いもので来てから1ヶ月以上が経ちました!

今までの2回はどちらも1ヶ月以内で帰っていたので、1番長い滞在になります。


そしてラオスと言えば「何もない」というイメージを持たれがちですが、"そのラオスで1ヶ月以上過ごして退屈じゃないのか?"ということについて、今日は書いていきたいと思います。


f:id:morikicompany:20190217234853j:plain


特に私は都民歴24年のエキスパートシティーガールなので、過ごしやすさに関しての評価は厳しいです。


そんな私の結論をいきなり書くと「首都ビエンチャンは退屈じゃない(※移動手段があれば)」です。

これまでの記事を読んでいただくと分かる通り、この1ヶ月で結構色んな所に行って楽しい日々を過ごしています。


morikicompany.hatenablog.com


morikicompany.hatenablog.com


が、当たり前だけどやっぱり色々あるのも友達と集まるにしても街なんですよね。

街の近くに住んでいる人は良いと思うのだけど、私は自転車だと30分以上かかるところに住んでいるし、車もバイクも運転できないため移動は超不便です。

いまはトゥクトゥクか、食事のときは友だちのバイクの後ろに乗せて行ってもらったりしています。

国際免許取ろうかな。


こんな感じで、でも休みの日は三軒茶屋・表参道・渋谷・新宿で過ごしていた&交通手段が有り余っていた都民からしたら、物足りなさもあります。


といってもビエンチャンだったら街から外れていてもコンビニや市場がある程度あるから、生活つらい!!とはならないです。


f:id:morikicompany:20190115234043j:plain


f:id:morikicompany:20190217234900j:plain


それに人生のうちちょっとは、こういうゆったりした生活をしておくのも良いんですよね。

そして何より、暇だからゆえに人とのつながりが日本よりも強いです。

ラオス人もカラオケとか飲み会とか大好きですからね。やっぱり人と過ごすのって楽しいです。


という、まとめるとなんだかんだで大丈夫です。

残り1ヶ月半くらい、また新しい娯楽を探しながら過ごしていきます。


以上!!



映画館もボーリングもある!? ビエンチャンセンターに行ってきました

サバイディー!
今日はダラダラする日にした森木です。



昨日、ビエンチャンセンターという所に行ってきました。

2015年にできた、比較的新しいショッピングモールです。



ビエンチャンで有名な市場であるタラートサオのすぐそばにあります。



中国資本でできた建物なので、入り口は旧正月の飾りだらけ。


f:id:morikicompany:20190211001854j:plain


ビエンチャンセンターは4階建となっており、1階は主に化粧品や衣服のお店がありました。


f:id:morikicompany:20190211001848j:plain


資生堂やREVLON、あとNARSなど。

商品数はあまり多くなかったですが、この辺の大手ブランドの化粧品をラオスでも買えるのは嬉しいですね。


そして2階に上がると、こちらも衣料品とあとはワコールやトリンプなどの下着も扱っています。


f:id:morikicompany:20190211002816j:plain


衣類を買うとしたら市場や個人営業の洋服屋さんくらいしか選択肢がないラオスで、日本でも有名なメーカーを見るとなんだか安心します。


次に3階に移動したのだけど、、その前にエスカレーターからの景色はこんな感じ。


f:id:morikicompany:20190211001925j:plain


結構普通にショッピングモールですよね。

そしてラオスエスカレーターがある建物って珍しいんですよ。


それで3階はフードコートやゲームセンター、家電コーナーがあって、「よしお昼ご飯を食べるぞ!イタリアンにしようかな!」と思ったらめっちゃ臭い。


f:id:morikicompany:20190211001824j:plain


f:id:morikicompany:20190211002827j:plain


他の人のブログを読んでいると普通にここでご飯を食べたりしているし、お昼時なのもあってか実際人が一番集まっていたのだけど、私的に食欲が湧かない環境だったのでランチは諦めました。


ゲームセンターはまぁ海外によくある感じでしたが、「これ大丈夫か?」みたいな景品が何個かあるんですよね。


f:id:morikicompany:20190211001902j:plain


f:id:morikicompany:20190211001943j:plain

↑絶対大丈夫じゃない


3階はあまり好きじゃないなと思ったので、すぐに最上階の4階へ。


ここは映画館(メジャー)とボーリング場(Blu-O)がありました。


f:id:morikicompany:20190211001916j:plain


f:id:morikicompany:20190211001831j:plain


ラオスでも最先端なエリアですね。今度友だちと来よう。


ビエンチャンセンターを知れたのは良いけど、いかんせんお腹が空いている。

かといってあのフードコートは嫌だし、他はスイーツのお店ばかりだしもーーー!!!と思っていたら1階に知っているお店がいくつかありました。

『The PIZZA Company』や『Cafe Mango』など、街中でよく見かける飲食店です。


f:id:morikicompany:20190211001938j:plain


f:id:morikicompany:20190211001909j:plain


ピザカンパニーは何回か行ったことがあるから、ここでカルボナーラを注文。


f:id:morikicompany:20190211001838j:plain



そんな感じで無事にお腹も満たせたので家に帰りました。

意外とワケもなく2時間くらいウロウロしていました。

とりあえず有名企業が多く入っているので、なんか必要になったらここに来ようと思います。


以上!!!



メコン川沿いで夕陽を見ながらエクササイズ! 参加費はたったの60円

サバイディー!
ついつい昼寝をしてしまった森木です。(まだ頭がボケボケしています)



タイトルの通り、ラオスでエクササイズをしてきました。

しかもメコン川沿いで、沈んでいく夕陽を眺めながら。


f:id:morikicompany:20190209200428j:plain


ナイトマーケットの側で18:00~19:00に開催しており、参加費は5,000kip(=約60円)という驚きの安さです。



そもそもなんでこの謎エクササイズに参加することになったかというと、友だちから「前にエアロビをしたんだけど、翌日に全身筋肉痛になるからこの感覚を共有したい」と言われたからです。

ちょうど運動不足が気になっていたのもあったし、そもそもラオスのしかも野外でエアロビって面白すぎると思い連れて行ってもらうことにしました。


そして金曜日の夜、開催場所の近くであるAmazonカフェの前で集合し、レッスンへと向かいました。

18時を過ぎるとめちゃくちゃズンズンした音楽が聴こえてくるので、その音の鳴る方へ歩くとすぐに見つかります。


私が行った日は2つのグループがあって、1つは年齢層高めのゆったりとした感じ、もう1つはAYA的なカリスマお姉さんがいるイケイケな集団でした。

「どっちがいい?」と聞かれたけど、私たちはまだ現役の若者だからということで、イケイケの方に参加することにしました。


思った以上に参加者がいて、現地の人も観光客も含めて20人以上。


f:id:morikicompany:20190209200126j:plain


入退場というか出入りは自由で、参加するときは後ろの方にいるそれっぽい人に5,000kipを渡せばOKです。

こんな感じで、ラオスのAYAをお手本にしながら、アップテンポな音楽に合わせて体を動かします。


f:id:morikicompany:20190209200132j:plain


一見ただ楽しそうな雰囲気なんだけど、これが本当にキツくて、途中なんてビリーズブートキャンプをやっていた日々を思い出すほどでした。

合間合間で水分補給をしつつ、最後まで体を動かします。

1回あまりのつらさにツボに入る時間があるのですが、そこは頑張って乗り越えましょう。


そして結局19時はバリバリ過ぎて、その日のエクササイズは終了。(もしかして19時終了じゃないのかな?)

"最後っぽい音楽"がいつまでたっても流れないので、後半10分は500回くらい友達と顔を見合わせました。


終わった瞬間から足腰が痛かったし、翌日の今日は友達が言っていた通り見事に全身筋肉痛です。

なんか久々にこんなに動いて、大変だったけどなんだかんだ気持ちよかったです。

それにきれいな夕陽を見ながら運動できるなんて、よく考えたら結構贅沢ですよね。


そしてもし誰かラオスに遊びに来るとなったらぜひこの感覚を共有したいと思いました。

次の日にマッサージとか行ったら最高ですね。


以上!!!



100円で乗れるラオスのバス! しかし最大のデメリットが…

サバイディー!
ラオス人に「コイマックヂャオドゥー」という言葉を教えてもらったので、後で日本語が分かる職員に意味を聞いたら「"あなたが好き"って意味だよ笑」と言われてもーぷんすか!って感じの森木です。(楽しい日々を過ごしています)



さて、先週末は街に行く予定があったのでバスを利用してみることにしました。

今まではトゥクトゥクで行っていたのだけど、それだと30,000kip(=約380円)かかってもったいなかったんですよね。

バスだとたったの8,000kip(=約100円)で済むから、断然そっちの方が良いわけです。


ただデメリットを1つ挙げるとすれば、ラオスのバスはいつ来るか分からない。(デメリットが大きすぎる)

30分おきという噂がありますが、何時始まりの30分おきなのかもわからないため、とりあえず余裕を持った行動をせねばなりません。

一応、「いまバスがどこにいるか」が分かるサイトもあるのだけど、精度はなんとも言えないです。


lao.busnavi.asia


そんな感じで15分くらい待っていたらバスがやってきたので、手を上げて止めます。

そう、特に中間のバス停とかがないのでラオスのバスってどこで乗ってもいいんですよね。

それは素晴らしい。そして降りる場所も自由らしい。(私が乗ってるときはみんな終点までだった)


ちなみに車内はこんな感じです。


f:id:morikicompany:20190205231420j:plain


全然普通のバスですよね。

日本の路線バスとは違って、どちらかというとツアーバスに近くエアコンも効いていて快適です。


バスに乗車すると、職員がやってくるのでその人に8,000kipを払います。

すると、引き換えでこんな紙が渡されます。


f:id:morikicompany:20190205231330j:plain


今回私が乗ったバスは「タラートサオ」っていうラオスの市場が終点だったので、そこまでぼけーっと過ごしました。

バスを降りた瞬間にトゥクトゥクおじさんが沢山話しかけてきますが、気にせずに街へと向かいます。


f:id:morikicompany:20190205231426j:plain


ただタラサオから街まで徒歩20分くらいあって、暑い中だと普通に大変でした。


f:id:morikicompany:20190205231324j:plain


私が住んでいるところからだと直接街に行くバスがないので、仕方がないんですけどね。


そして帰りは結局トゥクトゥクに乗ってしまいました。

ただ観光名所のブッダパークとか空港行きのもあったし、今後運動がてら片道だけはバスを利用しようかなと思います。

日本も適当に乗車できるようにしてほしいけど、やっぱり時間が決まってる方が良いな。


以上!!!



【ラオス】フアパン行きの14人乗り飛行機が地獄のようだったお話

サバイディー!
朝はオレンジジュースを飲んでおけば良いと思っている森木です。



先日、『フアパン(ビエンサイ)に行ってきた』という記事を書きました。

フアパンはラオスの北東部に位置しており、私が住んでいる首都ビエンチャンからは600kmほど離れているため、移動は車(バスもある)か飛行機のいずれかになります。

車だと安く済むのですが、ぐねぐねの山道を10時間以上走るので、コーヒーカップで酔う私からしたら想像しただけでもう無理です。



そのため今回は飛行機で移動することに。

したのですが、これが本当に怖い。


ラオス国内では「ラオエアライン」か「ラオスカイウェイ」が主な飛行機になるんだけど、先週乗ったラオスカイウェイが"14人乗りのセスナ機タイプ"だったんですよね。


f:id:morikicompany:20190205012034j:plain

↑ちょっと遠いけどこんな感じ


だから操縦士2人+乗客12人です。


f:id:morikicompany:20190205012038j:plain


CAさんなんていません。


そしてそれくらい機体が小さいと、まぁえらく風の影響を受けるんです。

離発着のときなんて、ジェットコースターのあの胃がふわっとなる感じがしばらく続いて最悪でした。

酔い止めを飲んでいたから酔いは何とかなりますが、でも重力を感じなくなるたびに死を連想するので寝ようかと思ったけど眠れない。

乗る前に一応水とお菓子を渡されるけど、それどころじゃない。


あとびっくりしたのが、飛行機に乗る前ってカウンターで荷物の重さをはかってから預けるじゃないですか。

そのはかりの上にラオス人スタッフが乗っていたから、おふざけかなと思ったら本当に体重をはからないといけないそうです。

どうしてかというと、機体のバランスを取らないといけないから。


f:id:morikicompany:20190205012029j:plain

↑終始憂鬱だった


私はその場にいた職場の人全員に「反対側を向いてください」と言ってから乗ったのですが、航空スタッフが普通に数字を口にしていたので悲しかったです。

でも手荷物込みだからアレですよね。


そして一番の地獄は、機内にトイレが付いていないことでした。

私はたぶん気圧の変化が原因で飛行機に乗るとトイレが近くなりがちなので、1時間ちょっととは言え本当に終わりを覚悟しました。(まじでヤバかった)

漏らすくらいなら後ろの方でこっそりしようかと一瞬思いましたが、でも立つことすら許されないからもう頑張るしかありません。

あの揺れも耐えるから、本気でこれだけは改善してほしいところです。



というただただ嫌な経験だったというお話でした。

無事に着いたから良かったけど、それにしても普通の飛行機って本当にありがたいですね。

でも恐らくまた近々乗らないといけないので、搭乗前に鈍器とかで殴って欲しいです。

よろしくお願いします。


以上!!!



ビエンチャンにある資生堂でネイルをしてきました

サバイディー!
自炊を頑張っている森木です。



出張の都合上12連勤となってしまい、本日は2週間ぶりの休日です。

普通に疲れたし、今日はご褒美を与えまくるぞ!!ということで美容デーにすることにしました。


まずは、サロンからです。


f:id:morikicompany:20190203030229j:plain



サロンと言っても髪を切るわけではなく、シャンプー&ヘアドライをやってもらいました。

ティプランシーホテルという所の前にあるサロンなのですが、お気に入りでもう10回くらい通っています。


シャンプーは2回で、リンスは1回、それからドライヤーで乾かして髪の毛を整えてくれます。

水は温水ではなく冷水なのだけど、暑いラオスではこれが気持ちいいのです。

あと爪を立てないで洗ってくれるのも良い。


これでお値段は30,000kip(=約380円)です。

日本だと同じメニューで3,000円くらいでしょうか。とにかく安くて上手いのでおすすめ。



それから次は、街にある資生堂に行ってきました。


f:id:morikicompany:20190203030223j:plain



なんとラオスにも資生堂が存在するんですよ。

ヘアサロンとネイルサロンが併設されており、今回はネイル(マニキュア)をやってもらうことに。


ただマニキュアを塗るだけでなく、ハンドケアもしてくれるのが嬉しいですね。

爪周りの皮(なんていうんですかアレ)を取ってもらったり、スクラブケアをしてもらったり、かかった時間は45分くらい。

店員さんが頑張って日本語をしゃべってくれたのが可愛かったです。

そして、仕上がりはこんな感じ。


f:id:morikicompany:20190203030213j:plain



良い色。

こちらは、95,000kip(=約1,200)円。

日本に比べたら全然安いのだけど、でもラオスでやることを考えたら今度は違うお店を開拓しようかな~と思いました。

けど、資生堂という安心感があるのと仕上がりもキレイなので、この値段は妥当っちゃ妥当かも。


お次は、その隣にあるチャンパスパでフットマッサージ。

ここも好きすぎて10回くらい行ってます。


f:id:morikicompany:20190203030218j:plain


1時間87,00kip(=約1,100円)とちょっと高めだけど、清潔だし落ち着いた空間だしで安心して施術を受けられます。

でも日本人からしたら1時間1,000円ちょいでも十分に安いですよね。


最後に、帰り道にある洋服屋さんで服を買って終了。


f:id:morikicompany:20190203030208j:plain


シャネルを彷彿とさせるこの服たちは、1着200THB(=約700円)でした。


ちょっとお金を使いすぎた気もするけど、これだけ色々行って3,000円くらいはやっぱりかなりコスパが良い。

これからもどんどん色んなお店を開拓していきます。


以上!!



ビエンサイからビエンチャンに戻ってきました

サバイディー!
1週間ぶりのビエンチャンな森木です。


すみません、パソコンの充電器を忘れるという大失態を犯してしまい、しばらく更新できずにいました。。

そして本日無事に生活拠点であるビエンチャンに帰ってきました!


フアパン県のビエンサイという町にいたのはたったの6日間でしたが、それでも色々な体験をすることが出来て良かったです。

例えば洞窟。


f:id:morikicompany:20190131211900j:plain


f:id:morikicompany:20190131211909j:plain


1960年代~1970年代、第二次インドシナ戦争の最中に防空壕として利用されていたらしく、ビエンサイには洞窟が沢山ありました。

たったの50年前の話です。

なので、その辺のおじさんとお話をしていると「昔は軍人だった」というパターンが何回かあってうお~歴史に触れてる!!って感じでした。


あとは疲労で足がガクガクになるくらいの高い山に登ったり(良い眺めでした)、


f:id:morikicompany:20190131212549j:plain


f:id:morikicompany:20190131212617j:plain


写真は載せられないけど、お葬式に参加(?)したりも。

家の庭が解放されていて、そこで(少なくとも私が滞在している間は)朝から晩まで大勢の人が飲み食いをしていました。


日本人からしたら他人が出たり入ったりするのはあり得ないけど、これはラオスでは普通みたいです。

結婚式も参加自由だし、心が広いのかボーペニャン(問題ない)精神が過ぎるのか、なんだか不思議なことばかりです。


他は出張だったから観光みたいなことはそんなにできませんでしたが、現地の食べ物を食べたりなんだか貴重な経験をいっぱいしました。

今回の滞在期間のうち3日間は日本人スタッフがおらず、ラオス語と英語でコミュニケーションをとらなければならなかったので、微々たるホームシックになりかけたけど、でも夜もワイワイ過ごしているうちに気が付けば出張が終わっていました。

ラオス語も少し覚えられたし、良い6日間でした。


お疲れ気味なので今日はこんな感じで軽めで終わります。

以上!!!