森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

都民は10日以上ラオスに滞在しない方がいい

サバイディー!
本日帰国した森木です。



今回は5日~18日まで、約2週間ラオスに滞在してきました。

今までヨーロッパ・アメリカの方にしか行ったことがなかったので、どんな感じなんだとドキドキでしたが、結果凄く良かったです。

そう、凄く良かったんです。



もちろん来たばかりのときは、まじで帰りたくてしょうがなかったです。

だって最初に泊まったホテルから見た風景がこれだったんですよ。



初めの2泊3日は街にあるラオプラザという5つ星ホテルにいたんだけど、それでもこの景色だし、他のとこに滞在したら拒絶反応が出るのではと本当に心配になりました。(ちょっと潔癖症)


しかも水道水は口に含まない方がいいし、デング熱も怖い、屋台にはよく分からん食べ物がいっぱいあるし…。

5日目くらいまでは殺すように日々を過ごしていましたが、やっぱり住めば都で楽しくなってくるんですよね。


友だちが出来たり、ごはんも意外とおいしいということに気づいたり、オシャレなカフェを発見したり。



何よりも優しい人ばかりなところが一番の魅力でした。


1回道に迷って、近くにあったピザ屋の人に聞いてみたら、店員さんが3人くらい寄ってきてみんなで考えてくれたんです。

これは結構あるみたいで、道端で会った人に尋ねるとその辺の人がやってきてこうじゃね??とか話し合ってくれるんですよね。

まぁ街に分かりやすい地図を設置してくれるのが一番なんですけど、不便ながらも助け合いの精神で生きている姿が都民からしたら良いなぁと感じました。


あと仕事で知り合った方々も本当に親切でした。

ラオスの勤務時間は8:00~16:00が一般的なんだけど、仕事が終わったらみんなでスポーツをしたりして楽しかったです。

そのときに初めてセパタクローをしたのですが、あり得ないくらい下手だったのに一生懸命教えてくれました。


それに道端にイライラしている人がいないのも印象的でした。

私がよく行く渋谷なんかは、そもそもオラオラという精神で歩かないといけないし、ごった返しで気が立っている人も多いです。

だけどラオスでは良い意味でマイペースな人ばかりで、そういう他人に対するストレスはありませんでした。




仕事に子供を連れてきてもOK、偉い人との打ち合わせもサンダルで問題ない、休憩時間は2時間でも良い。

そんな自由度の高さは、日々田園都市線に揺られ職場に向かう私からしたら本当に素敵でした。


日本に帰ってきたときも「やっと帰ってきた」と嬉しかった半面「帰ってきてしまった」という寂しさもありました。

2泊3日の旅行なら「特に何もないけど楽しかったね」とちょうどいいものの、10日以上いるとその素朴な魅力にドハマりしてしまいます。


良い所に勤めていたのにラオスに移住を決意したという日本人と何人か会ったけど、それもなんか分かる。

また絶対に行きます。

皆さんもタイに行ったついでとかにふらっと寄ってみてはいかがでしょうか。



以上!!!



ラオスでお買い物

こんばんは!
カートゥーンネットワークしか見ていない森木です。



今日はお買い物をしてきました。

ラオスに来てから仕事か食事で1日が終わっていたので、初めてのちゃんとしたショッピングです。

お目当ては、初日に行った凱旋門で売っていたフクロウの変なポーチ。

そのときに買っても良かったんだけど、値段の相場が分からなかったから騙されたら嫌だなぁと思って、今回は親戚のおじさんに連れて行ってもらいました。

最初は1つ25,000kipと言われたものの、そのおじさんが良い感じに値切ってくださって、結局5つで100,000kip=1,300円くらいになりました。

実際に購入したのがこちら。



なんかよく分からないけど可愛いですよね。

1つあたり200円ちょいで安いけど、クオリティは確かに値段相応です。

写真では良い感じになっていますが、最初は糸がほつれまくりで日本で売ってたらネットで大バッシングを受けるだろうなって感じ。

でもデザインがハマったので愛用すると思います。


あとは写真は撮り忘れちゃったんだけど、ダイソーにも行きました。

こっちだと18,000kip均一なので1つ200円くらいで、日本よりは高めです。

でも売ってるのは日本製品が多かったから、こちらだとハイクオリティで良いんですかね。

意外とお客さんがいました。


そんな感じで今日のお買い物は終了。

欲しいものがとりあえず買えたから、あとは適当に心惹かれたものを調達しようかなぁと思います。


そうだ、あとは文房具も買いました。

私が「外国の適当な文房具を集めるのが好きだから欲しい」と言ったら、おじさんが色々探してくれて、ふにゃふにゃで紙質の悪いノートとかを手にすることができて良かったです。


ちなみにラオスに来てからたびたび登場するおじさんとは、10年ぶりくらいに会いました。

久々に再開したらラオス語がペラペラになっていたし(というかいラオスに来たんだ)、どんな暮らしをしているか分からないけど、心強いです。


そんな感じのラオス生活1週間目でした。

以上!!!



スタバが無い国ラオスにいます

 

サバイディー!

 

すみません、意外と忙しくてなかなか更新できず。。

 

タイトルの通り、今はラオスにいます。入国してから5日目です。

 

ラオスに行く」と言うと、どこ?と聞かれることが多いのですが、タイのすぐ側に位置しています。

 

でも私も知らなかったし、まさか行くとも思ってませんでした。

 

ラオスはなんだかルールを無くした日本みたいな感じです。

 

標識があまりないから車はマリオカートの如く自由に走っているし、勤務態度も割と適当、そしてお酒が大好き。(今は禁酒期間みたいですが)

 

街は都民プロからしたら、よく生活できるなぁってほどの田舎です。

 

f:id:morikicompany:20180810001724j:image

 

私のスマホに保存してある写真の少なさが、見所の無さを物語っています。

 

世田谷線三軒茶屋、下高井戸駅以外の駅って感じです。

 

 

現地ではラオス語と英語が使われていますが、母国語だけしか話さない人も当然いて、笑顔を共通言語だと思いながら生きている状態です。

 

ここ5日間で自然に覚えたのは、

サバイディー(挨拶)

コープチャイ(ありがとう)

ナーム(水)

スースー(応援)

ボーペンニャン(大丈夫)

くらいです。

 

しかも流れで把握したものなので、意味も確実に合ってるかは分かりません。

 

でもテキストで覚えるよりは身につきやすいですからね。

 

 

さて、そんなラオスで私は日々仕事をしたり、サッカーをしたり、お酒を飲んだりしています。

 

f:id:morikicompany:20180810002744j:image

 

↑ラオビール

 

日本の素晴らしさを実感しつつも、ラオス人の優しさだとか、ゆったりとした空気感も味わっています。

 

 

また時間を確保できたら、色んなエピソードをシェアしていきますね。

 

とりあえず今日はここまで。

 

以上!!!

 

仕事を辞めてタイに来ました

こんちには!
1年半ぶりに飛行機に乗った森木です。



タイトルの通り、タイにいます。

今朝4時ごろに到着して、10時からツアーで色々回って、今はひと段落中です。


そんなことより「なんでタイにいるんだよ!」という方が多いかと思いますが、もう仕事が嫌だ~!と自暴自棄になって突然の自分探しの旅を始めたというありがちなアレです。

というのは全然嘘で、別の仕事のためにこっちの方まで来ました。

タイにいる間は観光オンリーなんですけど、この後他の国に移動してそっちで働くというか手伝いをするという感じ。


そのため今までやっていた仕事は辞めることになってしまったのですが、気が付いたら飛行機のチケットが用意されていたので楽しくやっていこうと思います。

ずっと滞在するかやっぱり日本で働くかはまだ分からないものの、とりあえず今月中に1回帰ります。


6月から決まっていたから本当はTwitterやブログに書きたくてうずうずしていたんだけど、「いつの間にかタイに行っていた」というのが1番面白いなと思ってずっと我慢していました。



さて、今日はアユタヤというところに行って、世界遺産を見たりゾウに乗ったりしてきました。

それで目的地に向かう途中で、めちゃくちゃカラフルな何かが入っている袋が所々で売られていたんですね。



ガイドさんに聞いたら「あれは魚のエサだよ」と言われました。

生まれ変わってもタイの魚にだけはなりたくないと思いました。


世界遺産系はいったん割愛しますが、人生初のゾウ乗りは面白いと同時で落ちそうで怖かったです。

ベルトとかが全然ないので、ただ座っているだけなんです。

一緒に行ったおばあちゃんは後ろで絶叫していました。

でも海外ってこんな感じですよね。



ゾウの背中から見た風景はこんな感じ。


f:id:morikicompany:20180804194405j:plain

f:id:morikicompany:20180804194411j:plain


基本的には歩道を歩くんですけど、時には道路を横断したりもしていました。



15分ほどゆっさゆっさと背中に揺られ、ゾウ乗りは終了。

皮膚が思った以上に硬かったです。


先に降りた森木母が私の写真を撮ってくれたんだけど、何故か5歳くらい老けていました。


f:id:morikicompany:20180804194330j:plain


エサもあげられたし楽しい体験でした。


f:id:morikicompany:20180804194419j:plain


上野動物園で初めてゾウを見たときの感動は何だったんだというくらい、おびただしい数のゾウがいました。



あとはアユタヤの方には野良犬が沢山いたので、私の野良犬コレクションを載せていきます。


f:id:morikicompany:20180804194511j:plain


f:id:morikicompany:20180804194451j:plain


f:id:morikicompany:20180804194446j:plain


f:id:morikicompany:20180804194436j:plain


f:id:morikicompany:20180804194351j:plain


f:id:morikicompany:20180804194347j:plain


f:id:morikicompany:20180804194341j:plain


f:id:morikicompany:20180804194336j:plain


そんな感じで、他の様子はまた後日書いていきますね。

以上!!!



7月のPVと広告収入。甘えてしまった…

こんにちは!
あっという間に8月でびっくりな森木です。


さて、6月に引き続き、1か月間のPV数と広告収入の額を発表します。

7月のPV数と広告収入

相変わらずtiktok関連の記事がアクセス数を稼いでくれた7月…。


morikicompany.hatenablog.com


結果、PV数が20,718で、広告収入は11,325円でした。


f:id:morikicompany:20180802144857p:plain



広告収入増え過ぎじゃないですか???


PV数は5,702アップなのでそんなに激変したわけでもないんですが、広告収入だけ9,000円くらい増えたんですよね。

まぁ訪問者が多くなった分クリック数が増加したっていうのもあるけど、あとは単純にクリック単価が高かったです。

ただ、別にtiktokって単価が高いジャンルではない(キャッシングとかは良いみたい)ので、理由は不明です。

Googleの粋な計らいとかでしょうか。

だとしたら今後もぜひ計らい続けていただきたいです。


7月の反省点と今月の意気込み


そんな感じで成長し続けている森木製菓ですが、私は7月はもう甘えていました。

やったことと言えば、チーズ検定記事のリライトくらい。


morikicompany.hatenablog.com


CSSもいじったんだけど、ブログデザインにも反映されてしまって、これはまだ思索中です。

当たり前の方法すぎるのか、どんなにキーワードを変えて検索しても全然出てこないんですよね…。

もし記事内のCSSだけ変更する方法を知っている方がいましたら、ぜひとも教えてください。


あとは正直安定してPV数が稼げるようになってきたのと、広告収入の謎の増えによりオラオラ~!!という気持ちがなかったので、8月こそやります。

やるぞモードに入るために、ちゃんとBGMで米津玄師さんの「LOSER」を流しています。(なんかメロディー的に走らなきゃ!!って気持ちになりませんか??)

それでもし変わってなかったら、私の部屋のベッドの横にある菅田くんのトレカを全て捨ててさい。


具体的に何を頑張るかなんですけど、以下の3点です。

  • CSSをいじって記事に飽きない工夫を施す(見出し、リストタグは絶対)


最低限この辺だけはやることにします。



あと、最後になんですけど6月に書いた『tiktok 保存 通知』の記事の月間PV数が294→1,984に増えました。


morikicompany.hatenablog.com


7月中に突然、順位が5位から1位に上がったのが理由です。

検索順位に反映されるまで約2か月。こんなに変わるものなんですね。



そんな感じで今月もブログを書き書きしていくので、引き続きよろしくお願いします。


以上!!!



伝えたくて伝えたくて震える

こんばんは!

最近予定を詰め込みまくりな森木です。

 

 

ちょっと前にDMM英会話を再開したんだけど、凄く良い先生に出会ったんです。

 

まず英語の発音がきれいだし、いつも明るいし、よく笑うし、ジョークも交えつつ熱心に指導して下さいます。

 

その先生と話してると、″英語を話すこと=楽しい″と感じられるし、何より伝えるためにもっと喋れるようにならなきゃ!と思えるわけです。

 

他の言い方をすると、私の感情・考えを的確に伝えられるように、言葉をたくさん覚えたい!となります。

 

言葉は知っていれば知っているほど、自分を表現しやすくなりますからね。

 

そしてこれって文章にも通ずる気がしました。

 

読者の方に分かりやすく読んでもらうために、例えばもっと語彙を増やしたりとか、イラストレーターを使えるようにしたりとか。

 

独りよがりだとなかなかこういう気持ちにはならないものです。

 

そういう意味で第三者の存在って凄く大切。そしてそれが自分を鼓舞してくれる人ならなおのこと素晴らしい。

 

いつまでもこの伝えたい欲は無くさないようにしたいですね。

生きることにもっと貪欲になれそうです。

【連載第5回】ねむる前に書く菅田将暉くんへの手紙





菅田くん

思った以上にみんなとはやく仲良くなれてる!
広研って、イベント好きなイメージがあったから、まだうちとけてないなんて意外。
菅田くんは楽しいことが好きだから、何か企画してみるのも良いかもね(^^)

たしかに、先輩がサークル後とかに飲みに行ってるのすごくうらやましい!
あぁいう場ならすぐに仲良くなれそうだよね~。(20歳まで飲まないけど笑)

結構良い感じじゃんと思っただけで、嫉妬とかじゃないよ!笑
しかも"帰って欲しいなら帰る"って上からすぎ( `´)
私だけじゃなくて、菅田くんのお父さんお母さんも会いたいだろうし…。

私も大阪行ってみたい!じゃなくて、来て欲しいなら行ってあげます。笑
でもお金ないからなぁ。
菅田くんはバイトとかもう探してる?
どんなの見てるか教えてね~。

ゆうこ
5.21


morikicompany.hatenablog.com