森木製菓

果たして社長になれるのか!?

連休前に思うこと

 

連休が近づくたびに思うのは、1番楽しいのって実は連休中ではなく連休の前日の夜なのではということです。

 

例えば今日みたいな、来週の木曜日から4連休が始まる!ってときは、早く休みよこい!!とそればっかりに集中して過ごしてしまいます。

 

でもいざ連休が始まると、あぁあの連休前の数日をもっと噛みしめながらじっくり生きれば良かったと後悔するわけです。

 

連休最終日とか1時間に1回くらいそれを思いませんか?

 

なのでそういう気持ちもなく、全ての仕事を終えてただ来たる休みをワクワクしながら迎えようとする連休の前夜こそ最も楽しい。

 

そういう意味ではあの前の日の夜が連休の本質なのでは。

 

だから月曜日から水曜日までは大切に過ごして、水曜日の夜は時間が遅く過ぎるように嫌な勉強でもしようと思います。

 

でもそれだと楽しくないですね。

 

おやすみなさい。

謎の恥じらい

今日はずっと家にいたので特に何もない1日でした。

ジムに行きたかったのですが、もう鍛える部位がありませんでした。

前腕と腹筋だけ残っていたけど、トレーナーさんに「今日どこやるんですか?」って聞かれたときに「前腕です!」って答える自分を想像したら何だか恥ずかしくなってしまったのです。


「腕です」だったらまだ良いんです。

でも前腕って。

しかも無理して前腕だけやりに行くんだったら、普通に今日はお休みにして明日腕をやった方が良いなと思ったのでした。



ということで今日はそれだけ報告して眠りにつきます。

おやすみなさい。



筋肉への愛を疑った日


前回ブログを更新してから10日も経っていてびっくりしました。(体感的には5日くらいだった)


morikicompany.hatenablog.com


前の記事では「筋肉を愛して1年記念日です。最高な人生です」みたいなことを書いていたのですが、私は筋肉のことが本当に好きなのだろうかと思う出来事がありました。


それはいつも通りにジムに行かなかったことです。

私は普段週5回のペースで通っているのだけど、先週はそこまで行けなかったんです。

そのため土曜日に久々にジムに行ったときは、トレーナーさんから「ここ最近見ませんでしたね。忙しかったんですか?」と聞かれました。



いや、確かに忙しかったっちゃ忙しかった。

けれど以前の私はどんなに時間が無くても意地でもジムに行っていたのです。

だからそんなのは理由にならなくて、ただ筋肉の優先順位が下がっているように感じました。


なのでトレーナーさんに「なんかメンタルがアレで」というよく分からない返しをしたところ、モチベーションを上げるべくめちゃくちゃ追い込んでいただきました。

レッグプレスは80kg×10repをアップでやった後に140kg×10rep、それから120kg×15repをやって15秒だけ休憩してまたやるというのを3セット行いました。

もう後半は気持ち悪すぎて、BCAAというジュースみたいな味の飲み物さえ受け付けませんでした。

そして最後の方は苦しすぎて気持ちいいという謎の現象が起きて、アレはアドレナリン的なものが分泌されていたからなのか、あるいは私が実は生粋のドMだから感じたものなのかは未だに分かりません。



おかげ様でモチベーションも元に戻り、「よし、また頑張るぞ!!」と意気込んだと同時に私は気付きました。


(アレ、私がジムに行ってないのってたった1日だけじゃない?)


そうなんです。トレーナーさんも私も5日くらい行ってないレベルの感覚で話していたけど、でもたった1日だけ、金曜日だけサボってしまったんだけなんです。

恋人でも同じことが言えるかもしれませんが、1年以上愛し続けていたら1日くらいそうできないときもきっとありますよね。


ただその1日ジムに行かなかっただけで強く印象に残るほど私は鍛えているイメージがあったんだ、と思ったらなんだか嬉しかったです。

それにたった1日愛情を注げなかっただけでこんなに後悔しているんだから、私は筋肉のことがやはり好きなんだと再確認したのでした。

それではおやすみなさい。





1年記念日でした。とても幸せです

7月2日。

この日は私にとって重要な、そして忘れられない大切な日です。

普段こういうのって全然覚えてないんだけど、数日前からなんとなくソワソワしていました。


去年の今頃は、こんなに夢中になるなんて思ってもいませんでした。

今でも忘れられない、あのうまく降りられなかった階段。

たった20分の体験レッスンだったけど、久々の運動だったからか翌日の筋肉痛は本当にキツかったです。



そう、今日は筋トレを始めて1年記念日です。

月日が経つのって本当に早いですね。


特別な日なので、今日の間食は筋肉が欲しいと言っていたプロテインパンケーキを久々に作りました。


f:id:morikicompany:20210702220919p:plain


ただのプロテインパンケーキだといつも通りなので、ベリーとグラノーラもトッピングしました。

ちなみにかかっているシロップは0kcalなので、これで250kcalもないと思います。


jp.iherb.com


jp.iherb.com



色んな食感が楽しめて普通に美味しかったし、タンパク質を摂取したことで筋肉も喜んでいました。


そしてこのパンケーキを食べながら、元カレに「森木ってロマンチックなこととかできないよね」と言われたのをふと思い出しました。

そのときは(え、欲しいものもプレゼントしてるし、ちょっと良いレストランに行ったりしてるじゃん!!)と思ったのですが、そういえば記念日とかそういうのは一切お祝いしたことがありませんでした。

むしろ記念日っていつだったのでしょうか。

なのであぁそういう配慮が出来ていれば、「今日は付き合って〇年〇ヶ月だね♡」とか言って思い出の写真を突然LINEに送ったりすれば何か違っていたのだろうかとふと思いました。



それから仕事終わりにジムに行って、今日は胸トレをしてきました。

ペクトラルフライをやっていると、推しのトレーナーさんが話しかけに。

「(昨日パーソナルでやった)背中の筋肉痛はきましたか?」と聞かれたので「きました! でも上部が特に痛いです。昨日は下部狙いのトレーニングがメインでしたよね?」と答え、どの種目でどう逃げてしまったのかみたいな話をしました。


あと「(昨日教えた)リストカールもやってましたね」と言われたから「はい! でも歯磨きが普通にできたのでまだいけました」と真顔で言ったのですが、今思うと返しとしてはちょっと怖かったような気もします。

4種目だけでしたが、良い感じにパンプしたし、前回よりもレップ数をあげました。

筋肉はちょっとつらそうでしたが、もっとデカくなってもらうためにギリギリまで粘りました。

朝は腹筋もしたし、夜はマッサージやストレッチをして筋肉を癒します。



以前の私は愛するとはお金をかけることだと思っていましたが、それは違った。

見返りを求めずに相手を想い、与えることでした。

ここまでしておいてロマンチックじゃないとか言わないでよ!!と思ったけど、私の自己満足でしかなかったのでしょう。

今こうして筋肉を何よりも大切にしそして与える日々を振り返って、強くそう思います。


筋肉が喜んでくれれば、私はそれで幸せだし、そうしてもらうための鍛錬は惜しみません。

これからも筋肉と森木のことをどうぞよろしくお願いいたします。



マッチョと反省と欲求

先日やっとついにようやく左ハムの肉離れのリハビリを卒業することができた。

最初2~3週間で治ると思っていたら変に長引いてしまい、結局3ヶ月くらいかかった。

理学療法士さんに「次は腰をやるよ!」と言われたので「もう脚トレできないのつらいんでやりません!!」と強い気持ちで答えました。


しかし次は魚の目に悩まされている。

歩くときに足裏の親指の付け根らへんがなんか痛いな、とは数週間前から思っていた。

ただ普通にトレーニングをできていたし、きっと自然に治るだろうと思って見もせずにずっと放置していた。


そしたら今日靴下を履いても緩和されないほどの痛みを感じたのだ。

さすがに危ないかもと思って調べたら"魚の目"か"イボ"が出てきた。

ようやく足の裏を見たところ、完全に魚の目の方だった。

しかも2つもあって普通にキモかった。


治し方は市販のあの絆創膏みたいなやつでふやかしていくか、皮膚科に行くかのどっちからしい。

もう数週間経ってるから全然初期じゃない気がするけど、とりあえずは絆創膏みたいなやつを貼ってみることにした。


私はここでとても反省をした。

左ハムをやったときも、太ももの裏がなんか痛いなと思いながら普通にトレーニングを続けていて気が付くのが遅くなってしまったし、そのときは(もっと早く病院に行っとけば1日でも早く治ったかな…)と思ったのに、またやってしまった。

なんならこの魚の目案件も病院で解決した方が良いのかもしれないが、怖いから1回だけ自分でなんとかできないか試してみる。


とにかくなんか痛いな、と思ったらすぐに調べるなり有識者に聞くなりしよう。

ちなみに今なんか痛いところは前腕だ。

これは完全に今日のトレーニングの筋肉痛によるものだ。


人間、欲というものがどんどん湧いてくるようで、肩が少し発達してきたら今度は上腕二頭筋・三頭筋もデカくしたいと思うようになった。

そして今までは、肩・胸・背中・脚の4分割だったのに、腕が加わるようになった。

腕はまだやり始めたばかりだが、前よりもたくましくなってきた感じがして、そうすると次は前腕も太くしたくなってきたのだ。


なので今日の背中のパーソナルの最中に「前腕もデカくしたいです」とポロっとトレーナーさんに伝えたところ、リストカールという種目を教えてくださった。



www.youtube.com


私が教わったのはここには無いが、しかし前腕を鍛える種目というのはこのくらいチマチマしている。

ジムで体のデカいマッチョたちが、猫のような手の動きをしていて可愛いなと思っていたけれど、自分もやるときがくるとは思わなかった。


トレーナーさんから50repやるように言われたが、30repでつらくなり、40repで断念してしまった。

初めてだし個人的には頑張ったつもりだが、トレーナーさんの言っていた「歯磨きのときに手首が曲がる」状態にはならなかったから、やっぱり甘えが出ていたと思う。

次の腕の日には絶対に50repをやろう。


そんな感じでマッチョ欲がどんどん湧いてきている。

来年の夏が楽しみである。

そして明日はとても大切な記念日だ。




インスタの本人確認でつらい気持ちになった話

そういえば以前初めてInstagramの乗っ取りにあったんです。

友だちから「なんか乗っ取られてない?」という連絡がきて確認したところ、レイバンの投稿がされていたのでした。

パスワードはハチャメチャにしているし、フィッシングサイトにログインした覚えもなかったので何故だかはよく分かりません。


しかし、幸いなことに相手がまだパスワードなどをそのままにしていたため、急いで変更して二段階認証も登録してそのときは事なきを得たのでした。

が、翌日にまた乗っ取られてしまったのですね。


ただ二段階認証をしていたおかげで大丈夫だったみたいだけど、代わりに私も認証をしなきゃいけないワケですよ。

ここでやらかしてしまったのが、インスタに登録していたのが以前使用していた携帯の番号と、機種変更前のキャリアメールのアドレスだったのです。

なので、本人確認のためのパスワードを受け取るにしても受信ができないからどうしようもありません。



終わった。さようなら去年の8月から毎日投稿していた私のアカウント。

と諦めるのもまだ早く、『パスワードを忘れた方はコチラ』的なところから助けてくれ~みたいな問い合わせを送ることができるんです。

そこに情報を入力して送信すると、下記のようなメールが送られてきます。

======================================
Hi,

Thanks for contacting us. Before we can help, we need you to confirm that you own this account.

Please reply to this message and attach a photo of yourself holding a hand-written copy of the code below.

〇〇←番号

Please make sure that the photo you send:

  • Includes the above code hand-written on a clean sheet of paper, followed by your full name and username
  • Clearly shows both the code and your face
  • Is attached to your reply as a JPEG file

If this account doesn't include any pictures of you or is used to represent someone or something else, we won't be able to help until we receive a photo that meets these requirements.

Keep in mind that you can also use backup codes to complete the two-factor authentication process and log into your account.
======================================


とりあえず「本人確認をするために、顔が写る状態で本名・ユーザー名・このメールに記載された番号を書いた紙を持った写真を送ってください」とのこと。

それでなんとかなるならと、私はすぐに指定された写真を返しました。


f:id:morikicompany:20210626165402p:plain


もう寝起きドすっぴん浮腫み顔面もいいところですが、とにかく早くログインがしたかったのです。


しかし待てど暮らせど返事が来ません。

ここで私は気付きました。

本人確認をするためなのに、あの写真はあまりにも違い過ぎて本人じゃないと思われたのではないかと。


というのも私は日々インスタにフィットネスギャルのような写真しかあげていないのです。


f:id:morikicompany:20210626165748p:plain


だからちょっとというかかなり程遠すぎた気がして、写真を撮り直しました。


f:id:morikicompany:20210626165847p:plain


そして、「あのドすっぴんはインスタの盛り盛り写真と違い過ぎたから、こっちでお願いします」というつたない英文メールと共に再度送ったのです。


f:id:morikicompany:20210626170101p:plain


自分の顔面に対してtotally differentって使うの悲しすぎますね。



これで返信が来たら悲しいのですが、残念なことに次のステップに進むためのメールが日本語で来ました。(いえ、ただ時間がかかっただけかもしれないです)

でもそこに書いてあったのが、「登録したメールアドレスか電話番号から連絡をください」というもの。


いやいやそれができないから連絡したんじゃん!!と思い、その旨を伝えなんとかならないでしょうかと聞いたところ、もうどうにもならないそうです。

何度かやり取りをして、本当にどうにもできないみたいなので、結局アカウントを新しく作りました。


ただ、前のアカウントを検索すれば画像がまだ見られるのだけは不幸中の幸いでした。

乗っ取られて投稿を全部消されるとかありますからね。


なので皆さん、どうか二段階認証を登録しておいてください。

『設定』→『セキュリティ』→『二段階認証』で簡単にできます。

あと時間を費やして国際的自虐をしただけで終わらないために、メールアドレスと電話番号が今使っているものかの確認を忘れないように。



人妻だと思われた27歳の6月

森木母は女子アナとのめざましじゃんけんをするときに、いつもグーかパーを選ぶ。

理由を聞いたら「こういう人は手のひらの皺を見せたくないから、パーは出さないんだ」と答えた。

なんという偏見だと思っていたのだが、実際にここ数回その女子アナがパーを出すのを見たことがない。



これとは全く関係ないのだが、今日トレーナーさんに人妻だと思われた。

私が「横川尚隆くんの脚になりたいです!!!」と担当のトレーナーさんに伝えたときに、「脚がデカい人がいるんですよ」と紹介されたまた別のトレーナーさんだ。

この会話をしたのはもう3ヶ月くらい前なのだが、"尚隆の脚を目指す女の人"というのがよほどインパクトがあったのか、まだそのことを覚えてくださっていた。


なぜ尚隆の脚を目指しているのかみたいな話をした後に「旦那さんもやっぱりマッチョなんですか?」と聞かれた。

筋肉を愛しすぎて彼氏を作るということすら放棄していたため、何の反応もすることができずにしどろもどろしていると、「旦那さんにするならやっぱりマッチョが良いですか?」と違う聞き方になった。

慌てて「マッチョじゃないと生活が合わなくて大変な気がします」みたいな肯定も否定もしない返事をしたのだが、旦那さんがいるように見られたことに衝撃を受けて、自分の顔面を見にお手洗いに行った。


しかしふと冷静になり、見た目とかではなく私の年齢になるともう結婚していても別におかしくないのかと思った。

(もっと若々しいメイクとかした方が良いのかな。。)と反省していたので、それに気付いて少し安心した。



今日ジムに滞在していたのは1時間くらいだったが、他のトレーナーさんとは、

「今日どこですか?」「胸です!!」「やってますねぇ!!」

という会話ができたりして、それが最高に嬉しかった。

なんというか、この"今日はどこ"や"やってる"という単語が普通に入っている会話をしたことで、マッチョの仲間入りができた感じがしたのだ。


あまりにも嬉しすぎたからか、今日のトレーニングでは大胸筋がめちゃくちゃパンプした。

いや、もしかしたら昨日初めて飲んだクレアチンのおかげかもしれないが、とにかくコンディションがかなり良かった。


それに、マッチョの旦那さんがいる暮らしって結構良いかもしれないと先ほどの会話を思い出して思った。

ジムに行っても家に帰っても常に筋肉が視界にいるってあまりにも幸せすぎる。

私が毎日一緒の空間にいたいくらいデカいマッチョに出会えるように、私も同じくらいデカくなろうと気合が入った1日だった。