森木製菓

果たして社長になれるのか!?

女性がバキバキの肉体に憧れて何が悪い

悔しい。

帰り道にボロボロ泣いた。


「女の子なんだから、そこまで鍛えるとおかしいよ」

「そんなに鍛えて何が楽しいの? やらなくて良いよ」

「体の写真とかSNSに上げるのもうやめなよ」


これは私が最近身近な人たちに言われた言葉だ。

その場では「いや~でも健康的だし楽しいよ」と言ってやり過ごすが、本当は悲しくて悔しくて仕方がない。

怒りだって込み上げてくる。


もし、もしも本当に私を心配して悩みぬいた末に伝えてくれているのだとしたら、私のこの反応は間違っている。

でもだいたいが笑いながら、ちょっと小ばかにしたようなトーンでそう言うのだ。


去年の7月からこんなに真剣にやっていることをそんな簡単な気持ちで否定しないで欲しい。

周りでも同じように、あるいは私以上に努力している人たちを沢山知っているからこそ、余計に嫌だった。


鍛えることの何がいけない?

絵や文章や花、ファッションでは表現をしていいのに、どうして身体ではそれが許されないの?

大切に育てた肉体を人に見せることのどこがダメ?


もしそこに私が"女性だから"というのが入っているとしたら、こんなにも残念なことってあるだろうか。(というか入っているよね)

私は今まで最近世間が取り上げている男女差別みたいなものをそこまで真剣に気にしたことは無かったし、それに言及することも無かったけど、あぁこういうことなんだと思った。


あなたたちが想像する"女性らしさ"に私が当てはまらなかったとしても、なぜ無理やりそこにねじこもうとするのかが私には分からない。

身近な人だから、予想の範疇にいないことが不快なのだろうか。

じゃあ私がここで鍛えることをやめて、以前のようなちょっとふっくらとした体型になったらそれで満足?

そんな私を好きになった男性とお付き合いして結婚できればそれであなたたちは幸せなんですか?

というか"女の子だから"鍛えるのをやめた方が良い理由は何?

バキバキの身体に憧れてはいけない?


確かに私くらいの年齢だとやりすぎはホルモンバランス的に良くない。

でも確実にそういう観点からの指摘じゃないから、結局はそういう、異性とのあれこれを心配してのことなんだろう。

だとしたら、別に私は誰かと結婚したくて生きているわけじゃないし、楽しくて鍛えているのでどうか放っておいて欲しい。



本当はその場で思っていることの全てをぶつけたかったが、そうすると筋トレやトレーニーに対する印象が悪くなる気がしてやめた。

あとはこんなこだわりの強い生活をしても仲良くしてくれる友達や、筋肉を褒めてくれるトレーニング仲間、静かに私をサポートしてくれる母の存在があったから、色々なことをなんとか耐えることができた。

ストレスでコルチゾールが沢山出ていただろう。

ごめんね筋肉。



私は悔しい気持ちのまま今日もジムに行った。

尚隆のような大腿四頭筋を手に入れるため、脚のトレーニングをした。

ハックスクワットからのレッグエクステンションをしているとき、ボーナスタイムのように肩がデカいマッチョたちがいっぱい入ってきて、途中から何でドキドキしているのか分からなかった。

みんな美しい。頑張るあなたは美しい。

こんなデカい筋肉をつけるために、どれほどの努力をし、孤独と向き合ってきたことだろうか。



そして今日もトレーニングは楽しかった。

苦しくて痛かった場面もあったけど、明日の私の脚が今日の私の脚よりも少しでもデカくなっていることを想像すれば大したことは無い。

これからだって体をデカくするためにジムに行く。

憧れのマッチョと同じ空間でトレーニングをする。

それから自分の筋肉の写真だってたまにSNSに上げる。


私はそうやって批判されるくらい、一生懸命なんだ。

きっとつい止めたくなっちゃうくらい、一生懸命なのが伝わってしまっているんだ。

じゃあこれからも、というかこれからはもっと気合を入れて頑張ろう。




パスタは意外と高タンパク

 

今日、フレンチレストランのメニューを見ているときに(あ〜美味しそう。これは高タンパクで良いな。こっちはドレッシングの脂質が凄そう。バランス的にこれとこれを…)みたいな見方をしていて、ふと自分のことが怖くなりました。

 

これから先の人生、ずっと食べ物のことを栄養素でしか見られなくなるのでしょうか。

 

まぁ人間を何回もやるとしたら、そういう生き方が1回くらいあっても良いのか。

お尻の目標を見つけました

減量生活も3週間目。

今までの経過はこんな感じです。

  • 1週目→糖と水分が抜けて2kg減
  • 2週目→除脂肪が進み、計算通り0.5kg減
  • 3週目→ちょっと雲行きが怪しい


そう、3週目にしていきなり減量が止まってしまったどころか体重が微妙に増えた。

それで考えられる原因が3つあったので、下記のような感じで変えてみることにしました。

  1. 単純に摂取カロリーが多い?→実験的に-100kcalにしてみる
  2. 珍しく便秘がちだった→食物繊維を多めに摂る
  3. 体脂肪率があまり減らない→脂肪燃焼のためHIITを取り入れる


これで1週間様子を見て、それでも変化が無かったらトレーナーさんに相談してみます。


一方でトレーニングの方は順調で、減量中ながらも扱える重量が少し増えたり、筋肉も良い感じにデカくなってきています。


f:id:morikicompany:20210303201709p:plain


f:id:morikicompany:20210303201845p:plain


肩と背中と四頭は目標があるから凄い頑張れる。

中でも肩のメロンは大切に育てているから、自分より肩幅が広い女性をジムで見かけるとちょっと嫉妬するなどしてしまいます。


一方で女性と言えばお尻を中心に鍛える方が多いですが、私はあんまり意識していなかったんですね。

ただバランス的にもやっておいた方が良いし、けど目指すものがないからやる気が…と思っていたところやっと目標を見つけました。


それはです。


f:id:morikicompany:20210303203516p:plain


馬のお尻、美しいですね。


夏までに腹筋がバキバキに出るくらい絞って、海でモテようと思います。



卵・砂糖・バター・油は不使用! プロテイン入りオートミールクッキーを作った

インスタなどでよく「オートミールクッキーを作りました!」「プロテインマフィン作りに挑戦!」のような投稿を見かけます。

私はその度に(みんなオシャレにダイエットを楽しみたいんだなぁ)と思っていたのですが、そうではなくて自分で作ればPFCバランスをある程度調整できるじゃんということに気付きました。


そして、先週末はプロテイン入りオートミールクッキーを作ってみることに。

必要な材料は超シンプルで、下記の3つだけです。


f:id:morikicompany:20210301224326p:plain


それで作り方も本当に簡単で、プロアクティブと同じたったの3ステップです。

  1. オーブンを170℃に余熱
  2. バナナをすりつぶしてオートミールプロテインと混ぜる
  3. 170℃で15分焼く


f:id:morikicompany:20210301224309p:plain


これで1枚あたり40kcal、タンパク質3.3g、脂質0.9g、炭水化物6.1gという最強クッキーが出来上がります。(※上記の材料で8枚分作った場合)


f:id:morikicompany:20210301224246p:plain


一般的なクッキーのようなサクサク感はないものの、バナナの香りが良い感じで個人的には美味しかったです。

ただ減量中の人の美味しいはあまり当てにならないので、もし苦手だったら卵とかバターとか色々入れてみると良いと思います。


どのくらい当てにならないかというと、好きで食べていたプロテインバーのレビューを見たら低評価が多くて、そのほとんどが「不味い」で悲しくなったほどです。



でも脂質1g以下であの味は全然美味しいですからね。


ちなみに作った翌日はしっとり感がだいぶ無くなったけど、減量しているにも関わらず甘いクッキーのようなものが食べられるだけで幸せなので、特に気になりませんでした。

罪悪感が少ないので、皆さんもダイエットをするときなどにぜひ作ってみてください。




余計な心配

2月は今日で終わり。

そしてパーソルトレーニング週5回生活も、今日で終わりです。

推しというか、師匠のようなトレーナーさんのトレーニングを受けられる回数も来月から週1回のみとなります。

トレーナーさんの存在がモチベーションの大半を占めていたと思うので、正直めちゃくちゃ悲しいですが、昨日はそれ以上に辛い出来事がありました。


それは春頃の大会に出るトレーナーさんの減量計画があまりにも過酷だったことです。

私よりもデカい体をしているのに、摂取カロリーがいま減量をしている私の(1,400-1,500kcal)よりも全然少なくて、超絶心配になってしまいました。

本当は「なんでそこまでやるんですか!? もう次回の大会にしましょうよ!」と言いたかったのですが、グッと堪えました。

私たちはただのトレーナーと会員という関係ですが、バキの地下闘技場時代の梢江ちゃんの気持ちがこのときばかりはよく分かりました。

尊敬よりも心配が勝り、生きる以上に大切なことなんてあるかと思い、つい口を出しそうになる。

しかし1度決意をした者に対して、そんな言葉はきっと届かず、状況によっては耳障りだと思われてしまうでしょう。


私が大好きな烈がこの世を去ったときもそうでした。

クローンの宮本武蔵との戦いを誰も止めなかったことに怒りを覚えたし、もし私が烈の彼女だったら…などと考えましたが、止めるなんてことは彼にとって最大の冒涜となったと思います。

死が正しい結果だったのかは今でも分からない。

けれど、私がとやかく言う権利なんてない、というか言ってはならないと思ったのでした。


だから私は増量期よりも小さくなった(マッチョに小さいとか言っちゃいけないけど、あえて使います)トレーナーさんに「応援してますけど、マッスル北村さんみたいにだけはならないで下さいね!」と言いました。

トレーナーさんも「あそこまでは追い込まないので大丈夫ですよ」と返してきて、和やかな感じの会話をしてからジムを去ったのですが、帰り道でちょっと泣きました。

頑張る彼らへの敬意と、危うさに対する不安は涙でしか表せませんでした。


でも、そもそも全部好きでやっていることなんだから。

私がこうして摂取カロリーを減らして、ラーメンもから揚げも食べずにいるのも好きでやっていることだから、こうやって心配ばっかりするのもナンセンスですよね。

だから私は引き続き、がむしゃらに鍛える。トレーナーさんは減量を頑張る。

たったそれだけのことでした。



マッチョに恋は難しい

こんばんは!
平井大に"てるてる坊主"って言ってもらいたい、って1回くらいは思ったことないですか?(ないよ)



以前占いに行った際に「27歳までに結婚しないと、それ以降は結婚に対する意欲が無くなる」と言われたことをふと思い出しました。


morikicompany.hatenablog.com


この記事を書いたときの私はまだ23歳で、焦ったフリをしながらも27歳なんて遠い未来の話だとどこかで思っていたでしょう。

しかしその27歳は、もう2か月後に迫ってきてしまいました。


ただ意外にヤバい!という焦りは特に無く、むしろなんか当てられてて悔しいなという感じです。

なぜかと言うと、筋肉道を突っ走っているいまの私には、恋はあまりにも難しすぎるからです。



まだ筋トレと出会う前、尚隆が「筋肉以外のことを考えるのは不倫や浮気と一緒だ」みたいなことをテレビで言っていたのを聞いて「なに言ってるんだこの人」と思った記憶があります。

でも今なら分かる。

いや、完全には分からないけど、確かに筋肉が誰よりも何よりも1番の存在になってくるのです。


だから万が一いま彼ぴっぴができても、その人が筋肉を超すことは絶対にないと思います。

私は今まで通り、食事とトレーニング、そして休養を中心にした生活を続けるでしょう。



具体的にどんな生活になるかと言うと、まず食事はほとんど同じものしか食べなくなります。

そのため外食があんまり楽しくないかもしれないし、そもそも回数も減ってしまうと思います。

今は友だちとのたまにのランチが良い息抜きになるし、バルクアップ中はそこまで厳しくはやらないけど、でも食事内容がだいぶ限られてきてしまうでしょう。



それから、トレーニングは1部位につき5~8種目くらいやっているから、短くとも1時間はジムに行きたいです。

え、1時間くらい良くない?と思うかもしれませんが、筋肉のためにジムの前後の食事も大切になってきます。

例えばトレーニングの1時間前までに炭水化物は摂っておきたいし、トレーニング後は糖質とタンパク質をしっかり補給したいので、つまりは鍛えていると生活へのこだわりが強くなりすぎる。


強すぎるあまり、誰かを生活に巻き込むのがなんだか申し訳なくなってしまいます。

睡眠時間も7時間は確保したいからきっと毎晩の電話とかもできないし、出掛けているときもおもむろにプロテインバーを食べるなどしちゃうだろうし、だから恋人がいるトレーニーの方はどうやって両立しているんだろうと単純に凄いなぁと思います。



そしてこうやって筋肉のことを想った結果、来月からパーソナルジムのプランを変えることにしました。

今は週5で通っていて、そのうち4回見てくださっているトレーナーさんのことを師匠のように尊敬しているし、正直モチベーションのほとんどを占めているのですが、週1回に減らします。


そうすることで何が変わるかと言うと、1日に2回ジムに行く必要がなくなるのです。

今までは例えばAMパーソナル30分+PMエニタイム1時間、みたいなダブルスプリット生活をしていたのだけど、それをしなくてよくなります。


別に結局トレーニング時間は変わらないからこの生活を続けることもできるのだけど、先ほどのトレ前後の食事を思い出してください。(思い出さなくても良いです)

1日に2回トレーニングをするとなると、それに合わせて食事回数を増やさなければいけなくなってしまうことがあるのです。

増量中はそんなに気にしませんが、減量中だとなかなか厳しいということに気が付きました。


あと単純に移動時間が2倍になるし、その1回目と2回目のトレーニングの調整と言いますか、もし14時まで予定がある日にトレーナーさんの予約が17時にしかできなかったとなると、2回目のトレーニングが22時以降とかになってしまうからその辺りも難しくなるんですね。

そのため私は筋肉のために、ついに大好きなトレーナーさんとのトレーニングも減らすことにした次第です。


正直めちゃくちゃ辛いと言いますか、さっきも部屋に飾ってある写真を見ながら泣きそうになってしまいました。

部屋に飾ってあるとかいうとキモいかもしれませんが、ちゃんとトレーナーさんの他にも10人くらいのマッチョの写真があるから大丈夫です。(?)



それではもう23時を過ぎてしまったので寝ます。

おやすみなさい。