森木製菓

果たして社長になれるのか!?

ジムの恐竜

今日はトレーニングの調子が悪かった。

前回扱えた重量を重いと感じた。

でも別に珍しいことではなくて、なぜか水曜日にこの現象が起こりやすい。


そういうときは無理せずに諦めて帰っている。

その代わり、調子が良いときに微妙だった日の分追い込む。


あと今日はジムに恐竜がいた。

私もつらすぎて最後の方にヴッみたいに声が出てしまうことがあるのだが、ずっとヴオオオオオと叫んでいた。

うるさい音が苦手なのもあってなんだかすごくつらくなってしまった。


分かる、声を出した方が力が出ることもあるんだと思う。

しかしあまりにもヴオオオオオの回数が多すぎて、しかもイヤホンをしても何もかき消せないレベルだった。

Eカードで負けて己の身体機能の一部を失う危機にさらされているカイジの方がよっぽど静かだと思った。


調子も悪いしコルチゾールも出てきそうだし、逆に筋肉が分解されてしまう、と思って今日は早めに切り上げてきた。

悔しい。だがこれで良い。




マリトッツォがこわすぎる


今日はトレーナーをしている友だちとご飯を食べてきました。

その子はラーメンをもう何年も食べていないと言っていて、それを初めて聞いた2年前はどういう世界線で生きたらラーメン抜きの生活ができるの???と思ったのですが、たしかにトレーニングを始めてからは私もほとんど食べなくなりました。

自ら選択はしないけど、好きは好きだしたまに食べたいから、友だちに誘われたら喜び勇んで食べるという感じです。


カップラーメンに至っては恐らく1年半以上食べてない。

別に無理して我慢しているというわけではなく、自然とそういう食生活になってしまうのです。


そしてその流れでこの前初めて食べたマリトッツォの話をしました。

気になってはいたし、減量が終わったら絶対に食べるぞ!!と決意していたのですが、いざ目の前にしたら食べられなかった食べ物の1つです。

そんなスイーツをなぜ口にしたかと言えば、職場の方が買ってきてくださったからでした。


f:id:morikicompany:20220104223403p:plain


減量中は申し訳なさを感じながらも頑なに断っていたのですが、増量期の今はおやつなどは嬉しくいただいています。

でもマリトッツォだけは本当にこわかった。


成分表を見たら、脂質が20gもあったんです。

しかもこんなほとんどフワフワのクリームみたいな食べ物、その気になれば1分もかからずに食べきることができます。


私が減量中に1日かけて摂取していた脂質を、そんな一瞬で摂れてしまうのが本当にこわすぎる。

美味しいか美味しくないかで言われたら美味しかったけど、でも同じ値段だったら今後はみたらし団子とかを買う、みたいなことを言ったら友だちもやはり1度食べてもうわざわざ買いはしないと思ったようでした。


幸せな気分になれるなら全然良いのです。

ただ私はこわいという気持ちが勝ってしまったので、あれが人生の最初で最後のマリトッツォだったかもしれない。



とか言ってパフェとかは全然食べてるんだけど、脂質はやっぱり噛み応えがあるもので摂取したいです。

だって1gで9kcalもあるから、それ相応の感じで体内に取り入れたくないですか?

どうでも良かったですね。でも気になっていたものが食べられて良かったです。



ちなみに"いざ目の前にしたら食べられなかった食べ物"のもう1つはプルダックポックンミョンです。

ASMRの動画で観て、麺がモチモチしていて美味しそう!!と思ったのだけど、アレも脂質が20gくらいあってレジまで持って行けませんでした。

でもよく考えたら食感がちゃんとあって脂質20gだから、次の減量までに頑張って買おうと思います。



背中の成長と借金のはなし

今日は少し離れたところにあるエニタイムに行って背中トレをしてきました。

店舗ごとに置いてあるマシンが違うので、新しいところに行くたびにワクワクします。


ただ都内はどこもそうなんだけど、休日なのもありやはり混んでいたから5種目だけやりました。


f:id:morikicompany:20220103200449p:plain


この年末年始の爆食で2kg弱増えたから脂肪がのり気味です。

角度とか色々違うのですが、去年の1月30日の私の背中と比べると少しボコみと広がりが出てきたような気もします。


f:id:morikicompany:20220103200637p:plain


このときも広がりはちょっとあったけど、なんというか平たい背中だよね。


帰ってからカイジを観ながらお昼を食べて、その後は初詣に行ってきました。

おみくじを引いたら中吉。


f:id:morikicompany:20220103201103p:plain


最近大吉が全然出ません。

就活のときは凶をバンバン引いて、その後ブラック企業から転職するタイミングでは大吉が続いたので割と当たっているなぁと思っています。


というか商売のところに"借金をするきざしあり"って書いてあったからすごいビビってしまった。

森木母に「どうしよう! 年始からカイジばっかり観てたからだ!」と言ったら「あなた商売しないでしょ」と言われてたしかにでしかありませんでした。



それからまたジムに行って、今度は上腕二頭筋と腹筋のトレーニングをしてきました。

休みの日は1日2回も、しかも好きなタイミングでジムに行けるので幸せです。


今年は肩と腕と脚をデカくして海に行きたいと思っているから、この3部位は特に頑張ります。

やっぱり腕が太いとカッコよく見えますよね。モテたいな。


あとは友だちが貸してくれた本を読んで、(気持ちに)余裕があったらカイジの続きを観ようと思います。

さっきやっと橋を渡りきったところです。

全然どうでもいいんだけど、「アカギとカイジに同時に告白されたらどっちを選んだ方が幸せになれるんだろう」っていうのをずっと考えてます。


アカギの方が全然稼ぎは良いけど、ただ人間味がほとんどないしそもそも家にいてくれなさそうだし、そのお金も別に私には一銭も使ってくれなさそう。

カイジはシンプルに借金が多すぎるものの、あんなに裏切りを経験してきたのにそれでもなお他人を想える心は素敵だと思う。

だから生命力のあるアカギに振り回されながら生きるか、優しいカイジと共に借金を背負いながら生きていくかという究極の2択です。


けど私はまだカイジを観はじめたばかりだから、これから色々見えてくることがあると思います。

そのときにまた真剣に考えますね。




カイジを観た

あけましておめでとうございます!

2022年になりました。


晦日と元旦は皆さんどのように過ごしましたか?

私は例年通り、森木母とホテルに泊まってゆったりと過ごしました。

この時期に家にいると体調が悪くなるためです。(闇)


でも森木母といる時間も長すぎて、家族といるのに疲れてしまいました。

新年早々もっと明るく元気に過ごせよ!!!って感じですが、しかしもうできれば自分だけの時間が欲しい。

そう思って昨日の夜から部屋でカイジのアニメを観ています。


そしてカイジを観ながら、この世田谷の実家の暖かい自分の部屋で布団にくるまっている私と彼とのギャップに情けなさを感じ、ふと涙が溢れてきました。

私はこの安全な場所のおかげでのびのびと生きていくことができた。

しかし何度も言い訳にもしてしまった。


さらには"家族といるのに疲れた"なんてワガママも言い始めている。

一方でカイジはどうだ。

バイト仲間という細い関係の男の借金の保証人になったがために自らも巻き込まれ、それでも誰にも頼らずそして人を疑わずに大金と人生をかけたじゃんけんを4時間も続けている。


そんな彼の死闘をぬくぬくと見届けるなんて、私はなんと卑怯な人間なんだろう。

せめてスクワットの上がるか上がらないかのギリギリの重量を扱いながら観る、とかじゃないととても合わない。

いや、それでも足りない。


とか色々思いながら今日もカイジを観ています。

悔しい気持ちをたくさんしたので、今日はこの後脚のトレーニングをしてこようと思います。



振り返れてない森木の2021年

明日は大晦日ですね。

でも何だか年末って感じが全くと言っていいほどしません。

いつもは1年が終わる!!という感覚が多少なりともあったんだけど、今年はあえーもうすぐ2022年??と実感が湧かない。


これは年賀状を一切書かなくなったからなのか、年末の大掃除をしていないからなのか、あるいはコロナの影響とかで私以外の人たちも同じような感じなのでしょうか。

はたまた2021年は濃いイベントが多すぎて、年末年始の特別感が薄まっているとか??

それだったらちょっと悲しいですね。


でも私が子供の頃にみた大人ってそうだったかも。

ひなまつりもこどもの日も、ハロウィンもクリスマスも年末年始も全部一大イベントだったけど、大人たちはどこか淡々とこなしているように感じました。

あと雪の日が素直に嬉しくなくなったときも、子供じゃなくなったんだなって思った。

電車が~とか現実的なことを真っ先に考えてしまうようになって、ただそれだけ雪を知ってきた、つまり雪経験値が高いということだからまぁいいのか。(?)



2021年は皆さんご存知の通り、とにかく筋肉に生きた1年でした。

10月末の大会は本当に大きな出来事だった。

メダルをいただいたこともそうだけど、それを通して新しいつながりができたりとか、あとは自分は本当に素晴らしい環境にいるんだなと再認識できました。


母親や職場の理解はもちろんのこと、友だちが素敵な人ばっかりなんです。(突然の自慢)

減量中は「あれ、私ってこんなに友だちいなかったっけ」と思うほどに誰とも会っていなくて、でも大会が終わってすぐに「もう食べても良いんだよね!? どこか行こう!!」って連絡してくれる友だちがいっぱいいて、嬉しいことにまたたくさんの人と会うようになりました。

減量なんて好きでやっていることで、周りからしたら迷惑なことばっかりだと思うのですが、それを理解して静かに見守ってくれてたんだと思ったらもう感謝とかじゃ足りないくらいです。

『100万回の「Thank you」』って歌を出そうかな。



それで2022年の10個の目標!!!とかを考えようかと思ったんだけど、27年生きてきて"掲げない方が達成するタイプの人間である"ということに気付いたから特に考えてません。

でも小さな夢を言うとすれば、焼肉食べ放題+飲み放題に行きたい。

しゃぶしゃぶでもいい。とにかくまた減量に入る前に、お肉とお酒で心と身体を満たしたいです。



そんな感じの2021年を振り返れてもないけど、とにかくこういう感情が大きかった1年でした。

それではよいお年を!!!



ラオスとトキソプラズマと私の性格

ラオスに行ってからだいぶ図太くなった気がする。

もともとはかなり繊細な性格で、少しでも失敗をしたらそれを永遠に悔やんでいたが、そういうのがなくなった。

「あーやっちゃったなぁ。次は気を付けよ」とすぐに立ち直れるようになったのだ。


これはラオスの"ボーペンニャン"な細かいことを気にしない国民性に触れたからだと思っていたけれど、この前とあるひろゆきの動画を観て考えが変わりそうになった。

その動画というのが、"トキソプラズマ"という寄生虫について言及したものだ。



www.youtube.com


内容をざっくりと説明すると、「トキソプラズマに感染すると不安を感じにくくなる。その辺の土にも入っているよ」的なもの。

それを聞いたときに(え、私が細かいことを気にしなくなったのって、ラオスで土がついた果物を普通に食べていたから!?)と思った。


f:id:morikicompany:20211221222959p:plain

↑こういう感じの


本当に気にせずにモリモリ食べていた。

いや、少しは気にしたけど水道水で洗うのも怖いし、いちいち洗って拭くのも面倒だったから結構そのまま食べてた。


けれど潔癖症は治らない。

コロナが流行る前から宅配物を受け取った後は手を洗っていたし、吊革は握れないし、家族の衣類を洗濯機に入れた後も手を洗っている。


あとめちゃくちゃ神経質。

お肉はちょっと焦げるくらいまで焼く。


だけど性格が変わったのは事実だから、やっぱりラオスの国民性のおかげでしょうか。

つまり私はただの土を食べられる潔癖症ということでした。



こんな日もあるよね

おはようございます!


2週間以上ブログを更新していなくて、反省と共にびっくりした。

時の流れが速すぎて、こんなんじゃ1年もあっと言う間だなぁと思いました。


そして、この2週間で良いことも悪いことも色々ありました。

メンタルが落ちすぎて2回もジムをサボってしまい、メンタルが落ちた原因にもだけど、その程度でジムに行かなかったことに悲しくなり、さらにトレーニングの質も悪くなるみたいな悪循環が起きてたんです。


でもどんなに後悔したってあの日々は戻ってこないですし、むしろそうやってコルチゾールを出すことは余計に筋肉に良くない。

今からトレーニングをモリモリして取り返すぞ!!くらいの気持ちでやらねば、と水曜日から気持ちを入れ替えたところでございます。


あと今なんかめちゃくちゃ気圧が低くないですか?

すごい頭がボーっとします。


気圧が分かるアプリを見てみたら、15時くらいまで1,000を切ってかなり下降してました。

まぁそういう日々もありますね。

お仕事してきます。