森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

おふざけ好意と引っ越しコント

サバイディー!
今日も早起きした森木です。



最近また睡眠記録アプリを使い始めたのですが、昨晩はめちゃくちゃ深い眠りをしていました。


f:id:morikicompany:20191128092150p:plain


もし今回の私の眠りが「睡眠実況チャンネル」とかで放映されていたら、凄く盛り上がりましたね。



そして本日は午前休をいただいており、これから水泳に行ってきます。


f:id:morikicompany:20191128090136j:plain

ヴィエンチャンのプール。そして俺はフール


普通に久々に泳ぎたいからというのもありますが、私のことが好きな選手がいるので会いに行く次第です。

もうちょっと詳しく説明すると、私が所属しているNGOにスポーツの事業もあるんだけど、そこでサポートしている選手の1人が私のことをめちゃくちゃ気に入ってくれているんですね。

1回練習に来ない!みたいになったときも、電話で「会いたいからプールに来て」って言ったら「うんうん絶対行く」と意志を変えたほどの、なんというかオモシロい感じなんです。


でも好きって言っても相手は妻子もいるし、本当に好きなんじゃなくておふざけ好意という表現が違いでしょう。

そんな感じのおふざけ劇場をまた繰り広げてきます。

私はこういうの好きです。



あと昨日は、私が担当させていただいているプロジェクトのスタッフたちと、電話ミーティングをしました。

その事業地がラオスの北部にあるので、こういう形で週1回ほどミーティングをしておるのでござる。


それでその日は事務所移転で引っ越し作業をしていたのでその様子を中継してもらったんだけど、スタッフが急に真剣な顔になったんですね。

だから「どうしたの?」って聞いたら「通路が狭すぎて奥の部屋に机を運べない」とのこと。

「やってみて」と言うと、引っ越し業者の人が机を通路に通そうとしたのですが、ギャグマンガのようにつっかえていてめちゃくちゃ面白かったです。


全然笑える事態じゃないんだけど、「いけるかいけるか…!」と思ったらドアの所できれいにつっかかってしまう様が非常に画として面白かったんですね。

それで笑いながら「窓からは?」と聞いたら、窓には格子があるから無理とのこと。

それもなんか面白くて、コントのような引っ越しでした。


結局一旦机の脚を切って、またつなげるという結論に落ち着き、やっぱりラオス人ってそういう知恵が豊富だなと感心した次第です。

そんな感じで日々楽しくお仕事をしています。



もう出発の時間になったのでここまで!

以上!!!