森木製菓

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

コンタクトレンズを簡単に入れる方法

こんばんは。

お昼にパスタを5種類食べた森木です。

突然ですが、コンタクトデビューをしました。

理由は、あんまりにも多くの人に「メガネしない方がいいよ」って言われたのと、自分でも前々からそう思っていたのと、あとはメガネがもう壊れかけていて1分に1回くらいずり落ちてくるので、これを機に変えようと思ったからです。

眼科に行き、視力検査とコンタクトの入れ方指導をしてもらった後に、処方箋を持ってコンタクトショップに行きました。

指導をしてもらった段階では、先生の退勤時間を遅らせている気がするというプレッシャーもあり、自分で入れるのにかかった時間は30分弱くらいだったのですが、家に帰ってからトライしてみるとどうもうまくいきません。

洗いすぎて荒れる手、何度もやりすぎて汚れるレンズ、何よりも挑戦するたびにダメージを受けている自分の目…。

1時間を経過したあたりから、洗面所のカギを閉めて「私の目が小さいから!!!」と叫ぶほどに自暴自棄になりましたが、ここまで来て諦めるワケにはいかないと、YOUTUBEでコンタクトの入れ方を検索しました。

ヒカキンさんの兄弟っぽい人の名前の動画で”初めてカラコンを入れてみた!”的なものがあったので、参考にしようと見てみることに。

「痛い! 無理だ!」と言いながら何度も挑戦する姿に共感を覚えつつ、そのヒカキンさんの兄弟っぽい人は私よりも目が細かったので、この人が入れられれば私も入れられる気がすると励まされながら見ていました。

すると突然画面が切り替わり、「やっぱり無理なので、スタッフに入れてもらいました」と言ってカラコンを装着し終えたヒカキンさんの兄弟っぽい人が映ったのです。

うちにはスタッフはいないよ!!!と思っていると、「目が小さいので難しいですね~」と言っていました。

でも確かに、目に異物が入るというのは普通にこわいので、慣れていないうちはどうしても目をつむってしまいます。

というか、それがコンタクトを入れられない最大の原因なのです。

では、目をつむらないためにはどうすればいいのか

今日は、そのときに思い付いた画期的な方法を紹介したいと思います。

まず、パソコンを立ち上げます。

そして、GoogleでもYahoo!でもいいので自分の好きな芸能人の名前を検索しましょう。

アニメキャラでも食べ物でも身近な人でも、とにかく好きならなんでもいいです。

次に、画像を1枚選んでコピーします。

そしてそれを

コンタクト

鏡に貼る。

たったこれだけです。

あとは、コンタクトが目のちょうどいいところにきているかどうかを鏡で確認し、入れる瞬間だけその写真を見ます。

すると、好きな人を見たいという気持ちで目が良い感じに開いていてくれるのです。

さすがに一発では入らないし、途中でこの光景を客観的に想像して面白くなってしまったりするかもしれませんが、そこは頑張って耐えましょう。

そして15分後!

なんと両目にコンタクトレンズを入れることができました。

1時間かけても片目にすら入れられなかったのに、15分で両目です。画期的すぎますね。

画期的すぎるので私のような初心者の方も、普段のコンタクトの入れ方にマンネリ気味な方もぜひ試してみてください。

以上。