森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

【日記】イギリス留学をしたすぎる

あ~~~~~~~イギリスに留学したい



今に始まった話ではないのですが、とても留学をしたいです。

そして場所は有無を言わさずイギリスが良い。


すごくちゃんとした理由は特になくて、単純にふとした瞬間にイギリス英語が出たらカッコいいなと思うからです。

でもこれだと単純すぎるのでもうちょっとそれっぽい理由を言うと、今まで行ったヨーロッパはもれなく好きだったからです。

イギリスも卒業旅行で後輩と訪れたのだけど、ご飯も意外とおいしいお店が多かった(後輩のリサーチのおかげもある)し、何より街並みが最高でした。



私はこんな感じですが、大学のときは英語を専攻していて、今も仕事の関係でほぼ毎日英語を使っています。

大学時代は5週間だけの短期語学セミナーでアイルランドに行ったことがあって、あとは授業に+αで受けられる英語のレッスンに参加したりしていました。

当時のブログではお酒のことしか書いていませんでしたが、こうやって振り返ると勉強もちゃんとしていましたね。


それで新卒では英語とは無縁な会社に入り、1年半後に今の仕事へと転職しました。

本当にしばらく英語に触れていなかったけれど、なんとなく薄っすらと覚えていたのでそのときはなんとかなりました。


それに現地スタッフとの意思疎通も困らずにできていたから、(あれ、意外と大丈夫だなぁ)と思っていたところで、1度めちゃくちゃインターナショナルな会議に出る機会があったんです。

そしたらまぁ分からない。

ざっくりとは分かるけど、通訳とかお願いされたら7割くらい聞かなかったことにしちゃいそうだし、幸い傍聴しているだけだったからよかったものの、ここで発言してと言われたら電話が鳴ったフリをして会議室を飛び出していたと思います。


私が普段英語で会話をしている相手はラオス人スタッフばかりで、つまりはお互い第2言語を使用していたんですね。

だから簡単な単語の組み合わせでこれまでやり取りすることができていたし、それで全然問題はないのですが、あの欧米人だらけの空間に久々に入って私はかなりのショックを受けました。


それから公の場ではないけれど、通訳をさせてもらえる機会を与えていただいたりして、でもそのたびにもっと相手の言いたいことを的確に表現できるようになりたいと思うようになりました。

英語の勉強の仕方としては普通にテキストを解いたりとか、洋楽を聴いたり洋画を観たりなど色々あって、それでも全然上達する人は上達します。


ただこの前久々にフィリピンに行って思ったのだけど、やっぱり日常に英語があふれている生活をするのが1番良い気がするのです。

我々もどうやって日本語を喋れるようになったかと言えば、周りの人が話す言葉を自然に聞いていたからなんですよね。

だから日本にいても、例えばスマホの設定やスケジュール帳を英語にしたりとか、常に英語を流すとかすれば似たような環境は作れます。


しかしあの看板とかを注意して見ているだけでも意外と勉強になるし、周りの人の会話とかも入ってくるじゃないですか。

そういう感じで自然な英語を身に付けていきたいという次第です。

あと何より"英語を話さないと生きていけない"という状況にするのもすごい大切。


大学生のときは同じ大学の人も一緒だったからどうしても行動を共にしちゃったけど、今度留学するとしたら日本人が1~2人くらいしかいなくて、最低限の助け合いをする程度みたいな風にしたいです。

それに留学生と分かると話しかけてくれる人もいるし、そういうコミュニティもあったりしてありがたいですよね。


といってもアイルランドでの交流で覚えているのは、「"ぶっかけ"は世界共通の言葉だよ」と言われたことくらいです。

ラオスでも観られているらしいし凄いですね、日本のAV。



ただ留学費用を調べたら、社会人だと1ヶ月で40万くらいとありえんぐらい高かったです。

最低でも仕事をギリ休めそうな2~3ヵ月くらいは行きたいのだけど、私の貯金じゃとても足りないし、何よりどの会社が良いのか分からないのでオススメがあったら教えてください。

なんか社会人の留学制度とかないのかな。



ちなみに私は中学生の頃は補習クラスでも最下位なくらい英語が出来なかったのですが、ちゃんと勉強しようと思ったキッカケは、ジム・キャリーと話をしたかったのと、生きるのが楽になるからです。

ジム・キャリーはそのままなので割愛して、調べものとかをしても英語だと出てくる情報の量が違うし、関われる人の数も増えるし、私が人間活動をする上では今や本当に欠かせないです。



そして私の英語力のゴールの基準としては、英語で人を笑わせられるようになることです。

大学時代に生徒のことが嫌いで常に真顔な先生がいたんだけど、その人の授業で「あなたは無人島に流された。かなりの年月が経ったところで人が助けに来た。そのときにどうやって時間の経過を確認する?」という質問をされたことがあったんです。

くだらね~と思いながらも、それ以外に思い浮かばなかったので「Show me your iphone」と言ったら鼻で笑ってもらえた上に「iphone20くらいになってるかもね」と言われたことを今でも栄光のように覚えていて、あの感動をもう1度取り戻したい。(頑張って)



日記なのに思った以上に長くなっちゃった。

ジャックバウアーが今頑張っているところなので、そろそろ24の世界に戻ります。