森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

モテたいのでジムに通うことにしました

こんばんは!
10月なのにめちゃくちゃ日焼けしている森木です。(ラオス焼け)



突然ですが、モテたいかモテたくないか、どちらかと言えばモテたいですよね???

すみません、自称体育会系の営業みたいな聞き方をしてしまいましたが、でも人生モテるに越したことはないと思います。


こんな願望を抱き始めたのは、昨日の夜、今までの数年を振り返りつつ今後の人生について考えていたときでした。(意外と重い)

1年半前に大学を卒業して、新卒で営業職に就き、ありえんぐらい働いて、退職して今は副業でライターをしつつラオスと日本を行ったり来たり。

20歳を過ぎてから本当にいろいろなことがありました。


そしてそろそろ何か大きな目標を設定したいと考えたときに思いついたのは、「4LDKの一軒家を28歳までに買いたい」ということでした。

どうして4LDKの一軒家かというと、年下の男の子を3人くらい自分の家に住まわせたいからです。(は?)

ハブとかで出会った"夢を追いかけるために上京したは良いけど、お金がない系男子"に「半年くらい住む場所は提供するから。その間に頑張ってお金をためなさい」とか言ってみたいわけですね。


f:id:morikicompany:20181006215928p:plain


最初は中古アパートを買おうと思いましたが、調べてみると結構高いし、何より自分が住みたいと思う物件がありません。

なのでいっそ4LDKの一軒家を購入して、1階のLDKに私が住んで、上の階をリノベーションして寮っぽくすればいいやと思いました。


そして、実際に探してみると、私が謎に憧れを抱く調布で4,780万の新築物件があるではありませんか。



↑私が妄想で使う物件を探して参考のためにツイートする気持ち悪いアカウントです。なんかすみません


これにトイレやお風呂の増設費約200万を上乗せしたら、年下囲いハウスを作るためにはだいたい5,000万円が必要になります。(税抜きです)

そのために、例えば今月からアフィリエイトを始めて半年後に軌道にのってきたとして、3年のスパンで生活費なども考慮して月々160万円を稼げば間に合う計算です。

だけど月160って結構非現実的だし、なによりそれだけ稼いでたら目の前の男の子におごる日々とかを送った方が幸せな気もします。

だから私は年下囲いハウス計画は断念しました。


ちなみに28歳を一旦のゴールとした理由は、女性としての黄金期だから400人に聞いた!女性の色気平均年齢グラフ公開【LC調査】
)です。

同時にみんなが家庭に落ち着き始めるころだろうし、そんな時期に年下を侍らしてるなんてファンキーだぜ!と思いましたが、普通に虚しいですね。



そして現実的に考えた結果、まずはキレイなお姉さんを目指そうというところに落ち着いたわけです。

最近AKBの『恋するフォーチュンクッキー』を久々に聴く機会があったんですけど、本当にルックスはアドバンテージだと思うんですね。

心に余裕も持てるようになるだろうし。


なのでここで冒頭に戻りますが、見た目を良くするためにジムに通うことにしました。

ジムと言っても月会費を払っていくような所ではなく、トレーニングセンターみたいな施設です。


f:id:morikicompany:20181006220703j:plain


1回450円だし、アクセスも良いし、とりあえずここで良いかなという感じ。


それで行ってみたは良いものの、器具の使い方が全然分からなくて秒で帰りたくなりました。

レーニングセンター自体は友達と1回行ったことがあるのですが、腹筋を鍛えるのとかは全然動かせなくてまさに"滑稽"という言葉が似合う状態でした。


だけどいきなり30分で帰るのも悔しかったから、1個だけできたヒップアダクアター以外はひたすらエアロバイクを漕ぎなんとか1時間の滞在に成功。

ただ全国ネットでタモリさんに「明日来てくれるかな?」と聞かれないともう行かないのではというくらい、心が折れました。

でもモテたいので頑張ります。(頑張れ)


ちなみにエアロバイク中に聞いていたのは、あの娘が好きすぎるあまり自転車の変速を1番重くして商店街を駆け抜ける銀杏BOYZの『援助交際』という曲です。



銀杏BOYZ - 援助交際(PV)


とりあえず、今年いっぱいまで続いてくれれば自分を褒めてあげたいという感じ。

クリスマスには相手を渋谷で適当に調達できるくらいの女になっていたいです。そんな度胸はないけど。


最後に、夜ご飯はアドベンチャータイムを観ながらそれっぽいものを食べました。


f:id:morikicompany:20181006220709j:plain


そんな24歳の戯言でした。


以上!!!