森木製菓

森木製菓

果たして社長になれるのか!?

昼間からビールを飲むラオスからこんばんは

サバイディー!
シロアリの咀嚼音がうるさくて許せない森木です。



そう、私がいない間にシロアリが棚に住み着いていたみたいで、床が木屑だらけになっていました。

蚊がいなくなるスプレーは効かないようで、ピリピリ…みたいな木を食べる音にイライラする日々です。

良いシロアリの倒し方をご存知の方がいたら教えてください。



もうあっという間に土曜日になってしまいましたが、木曜日は用事があってタイに行っていました。


f:id:morikicompany:20191020011156j:plain


といっても私の家からタイはバスで20分くらいなので、そんな大したアレでもないです。

しかもただ書類を申請するだけなので、3分くらいしか滞在しませんでした。


本当はセブンイレブンとかに寄りたかったのだけど、予想以上に時間がかかってしまったので今回は断念したのです。

というのもタイに入国する直前に、出入国カードを書いていたときのことなのですが、まず中国人の夫婦がやってきたんですね。

本当に全く1mmたりとも何を言っているかは分かりませんでしたが、英語もラオス語もタイ語も話せないあたり、出入国カードの言語が読めないんだなと思い指さしで説明することにしました。


すると次は、次はというかその5秒後くらいに、間髪入れずにラオス人のおばあちゃんがやって来たんです。

なんだろうと思ったら「小さい文字が見えないから書いて欲しい」と言われました。

小さい文字が見えないなら書かないといけませんね。


そんな感じでまだ自分も出入国カードを書き始めたばかりなのに、中国人夫婦に身振り手振りで説明をしながら、ラオス人のおばあちゃんにつたないラオス語で「観光ですか?お買い物?」と聞きつつ代理記入するという非常にカオスな状況になったのです。

私は日本でもよく道を尋ねられたりしますが、国境を越えて"聞きやすい人"なんだなと思いました。

そんなこんなで思った以上に時間がかかってしまったわけです。

でも良い時間のかかり方ですね。



あとラオスから出るときに、出国検査みたいなのをするんですよ。

そのときのおじさんがめちゃくちゃ怖そうな顔面だったので、ドキドキしながらパスポートを見せたらラオス語は話せるか?」って聞かれたんです。

あーーーーーなんか裏に連れていかれると思いつつ「ノイヌーン(少し)」と答えたら、「彼氏はいるの?」と言われました。


東京から埼玉や神奈川に行くんじゃないんだから、もっとちゃんとしてくれって感じですね。

でも映画とかでよく色仕掛けですり抜けるみたいなのがありますけど、アレって頑張れば本当にできるんだという希望が持てました。(?)




色々ありつつも、そのミッションは2時間くらいで終わり、お昼は職場の人の結婚前パーティーに参加。


f:id:morikicompany:20191020011212j:plain


適当にランチを食べるだけかと思ったら、結構大勢来ていたし、ダンスとかもあって割と豪華でした。

そして乾杯のビアラオが用意されていて、みんな昼間からビールを飲んでいました。

ちなみにみんなとは、招待していただいた同じ職場の人や私も含みます。


f:id:morikicompany:20191020011216j:plain

↑タイトル『背徳感、ラオスにて』




と、イベント盛りだくさんな1日でした。

今日もまた色々あったので、明日書きます!

寝ます!


以上!!